夜間飛行
  今宵のあなたの旅のお供は私です。  





■土星の重し
私は太陽が天秤で月が蟹で、この両者の二律背反を常に抱えています。もともと天秤座は二重人格と良く言われるのですが、太陽と月の原理が異なるので、自分の考えていることが概して自分でも分からないです。

ところがここ2年ほど土星が蟹座に居て、太陽と月の両方を押さえ込んでしまっていました。土星の蟹座入宮以来、それまで無理して続けてきたものが破綻したり、生活が一変したりすることがあって、ほんとに土星はマレフィックだったんだな、というのをひしひしと感じていました。

そして!今年7月16日に土星が獅子に抜けた途端、その重しが同時に取れて、気分がまるで変わってしまいました。

その直前に名古屋でニフティの会合があり、この時、FTRAINの伊藤さんに犬山を案内していただく幸運に恵まれ、犬山の貴重なカラクリの乗った車山を見せていただきました。何かあれがとても象徴的なものであった気がしています。犬山城なども、岐阜から名古屋まで見通しが利くという凄い場所にあり、すっかり犬山が好きになってしまいました。

そして今私はかなり気分が良い状態です。この気分の良さに乗せて、これからバリバリと仕事をしていきたいと思っています。
2005年08月30日09:03 Lumi
genre diary
■今日はモス
モスとドトールというのがNTT.comのホットスポットが利用できる二大チェーンという感じで、モスにも旅先では特に重宝しています。もっともどちらも全ての店舗に無線LANが入っているわけではないのが難点。モスはドトールに比べて長居する客が多いので、こちらものんびり作業ができる利点があります。ドトールやブレンズは基本的には長居がしづらいですね。

そういう訳で今日はモスバーガーの某店です。長居する時はできるだけ店の隅っこの方で邪魔にならないような席を選んでいます。そういえば池波正太郎さんか誰かも、店の常連というものは店の隅っこのほうで食べるのが良い、みたいなことを書いていたような気もしますが・・・・・

前にも書いたように文章書いている時はものすごく酸素を消費するので風通しの良い所に座るのですが、店によっては季節によっては寒すぎたり暑すぎたりする場合もあります。それでもモスやマクドなどでは蚊や蠅に悩まされた記憶がない。某Fのチェーンでは夏に行くと蚊が辛いのですが。
2005年06月14日04:55 Lumi
genre 飲食店
■今日はドトールから
ということで今日はドトールの某店舗のホットスポットから通信しています。

ここはNTT.comのホットスポットが入っているのですが、たいてい使う時は1 Day Passportです。

この1day Passportを以前はニフティのidがあれば手続き無しで利用できたのですが、昨年の10月にこのシステムが無くなってしまい、ニフティのidでそのまま利用できるのは、月額契約(1500円)か、いまどき信じがたいほど高額の課金がかかる従量制だけになってしまいました。

そこで今日は店に入ってからまず京ポンでhotspot.ne.jp につないで1day Passportをオンラインで購入してから、あらためて無線LANでログインです。手続きは慎重を期すためかメールの往復で認証するようになっており、ちょっと面倒くさい。メールを往復させるためには、大量のスパムの中から目的のメールを取り出さなければならないわけで、これを京ポンでやっていると凄まじい時間がかかります。

こういう場所で非公開アドレスは登録したくないし、ホットスポット購入用に1個アドレス作っておいたほうがいいのかも知れないですね。今日は昼頃からずっと外に出ていたのでジャンクメールが(スパムフィルターを通ってきたもので)100通くらい。これを消すのに時間がかかって、店に入ってからidを購入するまでに結局1時間近くかかってしまいました。これではいざという時にすぐ使えないですね。

やはりニフティの改悪が残念でなりません。
2005年06月13日08:06 Lumi
genre 飲食店
■運のいいこぼれかた
ついさきほどのこと。

マクドナルドでハンバーガーセットを食べながらパソコンを操作していたのだが、テーブルが狭いのでトレイが半分テーブルの外にはみ出している。そこに無意識に烏龍茶のカップを置いたらトレイがはねて、ついでに烏龍茶の中身もはねてしまった。

パソコンのそばにトレイを置いているのでかなり焦ったのだが、なんとうまい具合に烏龍茶は縦方向にだけ飛び散っていたので、パソコンには全く被害がなかった。

以前使っていたパソコンには、キーボードカバーを付けていたのでこういう時でも安心なのだが、このマシンは「セキュリティを高める」ために、液晶パネルにセキュリティフィルターを取り付けているので、キーボードカバーが取り付けられない。(両方付けるとふたが閉まらなくなる)

概して機密性と安全性は相反するのだが、こんなところにも相反しているものがあったことを再認識した次第です。

にしても、ほんとに運が良かった。
2005年04月17日07:15 Lumi
genre diary
■無炭酸コーラ
無炭酸コーラというのが話題になっていたので飲んでみました。

とにかくマズイという話だったので、わくわくして飲んでみたのですが。。。。。

コーラと思わなければ悪くないですね。色は濃いヨーグルト系飲料という感じ。色だけみたらミルクコーヒーなどと誤認するかも知れません。味は「トロピカルドリンク」とかとして売り出したほうがマッチしたのではないかという感じ。

言われてみればかすかにコーラの香りがするかな?という感じもありますが、言われなければ気づかないレベルだと思います。

マズイのならすぐ消滅するかなとも思ったのですが、この味なら生き残る可能性も無きにしあらずでしょうか。
2005年04月08日01:05 Lumi
genre diary
■スパゲティ暫定ランキング
またそのうち改訂しますが、忘れない内に一度書いておきます。

ピエトロ>ジョイフル>ロイヤル>ファーストキッチン>プロント>ガスト>イタリアントマト

このランキングは筆者の全く個人的な好みで書いております。

イタリアントマトは一度食べておいしくなかったので、たまたまその時だけかなと思い別の店に別の時間帯に行って再度食べたがやはりおいしくない。問題はパスタ。これがゆですぎ。専門の人がゆでてるんじゃないんだろうな。それはガストとかも同じで、あそこはお店に専門のコックさん居ないはずなんだけど。こちらのほうがゆで加減はいい。

プロントはパスタ自体はとてもおいしかったのだがソースがどう考えても缶詰かレトルトという感じだった。もともとカフェだからそう期待するほうがいけないのだろうけど、パスタのゆであがりが素敵(今のところピエトロの次くらい)だっただけに物凄く惜しい。

ピエトロは絶品。ここにあげた中で自分で茹でたのよりおいしいと思ったのはここだけ。実はこれで感動してピエトロの株を買ってしまった。
2005年03月29日02:09 Lumi
genre 飲食店
■店が近くにあれば行きたいフレッシュネス
少し前の記事でも書きましたが、ハンバーガーの味では、別格がモス、そしてその更に上がフレッシュネス・バーガーだと思っています。

モスでも「これはファーストフードではない」と言う人が多いですが、フレッシュネスバーガーになると、もうレストランというべき味です。これを越えるハンバーガーというのは、一度だけ行橋市の小さなバーガー屋さんで食べた、忘れられない味のハンバーガーのみ(残念なことに名前を覚えていない)。

フレッシュネスはおいしい素材をたっぷり使っている感じで、更にスモールサイズがあるのも女性などには嬉しいところ。また飲み物にダイエットコーラもあって、マジでかなり若い女性客を意識しています。ただし実際の客層は値段が高いこともあって、40代の男性などがけっこう目立つ気がします(店によっても違うかも知れないけど)。

ハンバーガーもいいですがホットドックもまた絶品です。たっぷりのタマネギがはさんであるので、何だかヘルシーな気分になります。

値段が値段だけにさすがに気軽には入れないのですが、以前利用していた店は24時間営業だったので深夜3
このお気に入りの店が消滅したのと、前にも書いたようにここは声を掛けてくるおじさんたちがいて面倒なので、最近はあまり行っていません。またドアを開放しているので、夏場は蚊にも、かなり悩まされていました。
2005年03月27日05:17 Lumi
genre 飲食店
■本当はごちそうとして残しておきたいケンタッキー
ケンタッキーに行くのは、最近はだいたい夜8時半ころが多いです。それからその店の閉店時間10時頃までいます。

この時間が客が少なく、のんびり作業ができるからなのですが、できればここにはあまり行きたくない。それは食傷したくないからで、やはりケンタッキーのチキンは「ごちそう」として取っておきたい感じがあります。

マクドナルドなどはものすごくたくさん行くので、ほんとうに食べたくない気分になっています。ケンタッキーはそういう状態にはしたくないので、やはりここに行くのは1
ケンタッキーを最初に見たのは1977年だったと思いますが、そのころはこの店のことを知らず「何だ?この変なおじさんの像が立っている店は?」と思ったものです。今行き着けの店がその店なのですが、他で見たことなかったので、ひょっとすると福岡の第一号店なのかも知れません。

その後ビジネス研修でカーネル・サンダースの物語を聞いて、がぜんケンタッキーが好きになりました。
2005年03月26日10:53 Lumi
genre 飲食店
■中高生が多くて気楽なロッテリア
あちこちの飲食店を回っている中で、比較的気楽に長居できると思っているのがロッテリアです。

ここは客層的に中高生が多い感じで(本当は良くないけど)ペットボトルを持ち込んで飲みながら何人かでお勉強したりしている人たちもいて、のんびりした感じです。かと思うと、ネットワーカーっぽい人たちが3
ただロッテリアもうちの市の中心部近くの店はみな小型の店舗ばかりで、時間帯によってはかなり混んでいる場合もあります。また分煙がきちんとされていない店が多いのも悩み。(たばこの煙で酸素が薄くなるので脳みそをフル回転させている時はきつい)

そういうことで、いちばんお気に入りだった店が昨年消滅してしまったこともあり、ここしばらくは行く頻度が落ちています。
2005年03月25日12:30 Lumi
genre 飲食店
■家庭内無線LAN本当はどうすべきか
うちの家庭内無線LANの設定ですが、初期段階では40ビットのWEPキー+エアステーションのステルスだったのですが、現在はこれを128ビットのWEPキーに変更しています。初期の頃は40ビットのWEPにしか対応していない無線LANカードが何枚かあったのでそちらに合わせていたのですが、1年ほど前に新しい無線LANカードを買って、128ビットに統一しました。セキュリティにはホントお金がかかりますね。

今から入れる人は基本的にはWEPではなくWPAの方を使ったほうがおそらく良いと思います。現段階ではWPAだとまるごと盗聴されるとWEPよりかえって楽にセキュリティを破られるという意見もあるようなので、様子を見ているところです。つまりハッカーの人たちに言わせれば、WPAのセキュリティを破るために必要な設備は、WEPキーのセキュリティを破るために必要な設備より、随分安価に揃えることができるそうなのです。

でもまぁ全体的にみるとWPAの方が安全性は遙かに高いようですから、今年の夏頃をめどにWPAあるいはWPA2に切り替える方向で考えています。

あとやっているのは、エアステーション側に接続を許可するMACアドレスを限定させているもの。ステルスさせていることで事実上、無縁の第三者の侵入はほとんどありえませんが、私の家を最初から狙ってきてなんらかの手段でエアステーションのIDを知った人がいたとしても、MACアドレスではじかれます。。。。。。。とはいっても、そこまでやる人ならMACアドレスの偽装くらいやるだろうから、これはほとんど気休めの世界ですが。
2005年03月24日03:33 Lumi
genre セキュリティ
■無防備すぎる無線LAN
私が最初に無線LANを始めたのは2002年の秋です。東京でWebフォーラムに関する研究会をやろうということになった時に、ネットにつなぎながら話をしないと、なかなか難しいだろうということで、急遽NTT.comと契約し無線LANカードを買ったのですが、当時はNTT.comのホットスポットはまだ福岡には無かったので、東京へ行ってからのぶっつけ本番でセットアップという泥縄というか大胆というか、そういうことでした。

翌年使っていたパソコンの調子が悪くなってきたので新しいパソコンを買うのですが、この時にどうせならというので無線LANを標準装備したパソコンを買いました。ところがそれを買ってきて家で設定していた時に、無線LANの電波が飛び込んできて、自動的に接続されてしまいました。

当時うちはADSLにはしていたのですが家庭内は有線でルーターから各マシンにつないでおり、一応ルータはオプションを追加すれば無線にもできるタイプを使用していました。この時、私は「このルーターはオプションを追加して無線LANになると思ったが、ひょっとして最初からその無線ユニットが入っていたのか?」と思ったりしたのですが、数日にわたって調査した結果、向かいのビルにあるどこかの会社の無線LANの電波(しかもかなり強力なもの)が飛び込んできているのだという結論に達しました。しかもこの無線LAN、WEPキーが設定されていなかったのです。

その後そのパソコンを持って街を歩いてみますと、あるわあるわ、WEPキーの設定されていない無線LANの電波が大量に飛び込んできます。大きな交差点などに立つと当時でも7
アメリカで近年レコード会社が著作権に違反して無断で歌曲データをコピーしていた人をネットのトレースをして大量摘発するという事件がありましたが、その中で訴えに対して自分はそんなことは一切やってないと反論した人たちがあり、その中に無防備な無線LANを運用していた人たちがいて、おそらく近所の誰かがそれを勝手に利用して違法コピーをしていたのだろうという結論に達したものがあったそうです。音楽データの違法コピーくらいならまだいいですが(本当はよくないが)、凶悪犯罪などに利用されていたら、自分の家のLANセキュリティが弱かったばかりに、無実の罪でくらいこむ、ような事態も今後起きうるかも知れません。

ということでその後自分の家で無線LANを始めた時には、当然WEPキーは設定し、更にエアステーションをステルスモードに設定して、エアステーションの検索ではひっかからないようにしました。思うのですが、エアステーションのメーカーは出荷する段階で最低でも40ビットのWEPキーくらい設定してから出荷した方がいいと思います。
2005年03月23日04:44 Lumi
genre セキュリティ
■使わなくなったフリースポット
世の中にホットスポットが増え始めたころ、初期段階では随分たくさんのフリースポットが運営されていて、私も一時期そういうアクセスポイントは盛んに利用させてもらっていました。

しかしもう2年くらい前からでしょうか、この手のポイントはよほど信用できるところが運営しているものでない限り、基本的に利用しないことにしました。特にWEPキーも設定されていないところは絶対に使わないことにしました。それは、外国でフリースポットを装って実はパスワードをそこに流すような人がいないか監視している、釣りスポットが存在しているという報道があったからです。日本ではまだまだとは思われましたが、真似する人が出てくる前に危険性のあるものは回避しようと考えました。

またその時点で、NTT.comとYahoo!のエアステーションがかなり普及してきていたので、この2つと契約しておけば、充分問題ないという判断もありました。ホテルに泊まる時はネットが使えるホテルに泊まっていますし(それもだいたい過去に使ってみて、LAN環境をチェックして安心できそうなところに原則限定)、どうにも環境が無い時は携帯から接続する手もあります。

フリースポットでwepキーが設定されていない所の場合、悪意のある運営者がやっているわけではなくても、悪意のある第三者がそういう場所を舞台に悪いことを仕掛けてくる場合もありますので、やはり危険です。

しかし無線LANの普及に伴って、ほんとに無防備な所も増えてきています。という話はまた明日。
2005年03月22日04:02 Lumi
genre セキュリティ
■ウィルスバスター
パソコンの物理的な防御としては、先にあげたようなものがありますが、ソフト的な防御も必要です。

その中核となるのがやはりウィルスバスター。これひとつでウィルス対策とファイヤーウォールの双方の役目を果たしてくれます。

ウィルス対策ソフトにもいろいろあるのですが、私はもう10年以上、これを使い続けています。そのいちぱん大きい理由が、軽いこと、余計なファイルを作らないこと、開発ツールと衝突しないことなどです。以前使っていたソフトは、少々マイナーなプログラム開発ツールの動きをいちいち警告してきていたので、やむを得ず普段は停止させていました。

あの時代は普段停止で新しいファイルをシステムに入れる時にだけチェックというのでも良かったのですが、今のようにネットにつないでいるだけでいきなり侵入してこようとするウィルスがうじゃうじゃいる時代にはそういう運用は不可能です。

ウィルスバスターに付いているファイヤーウォールも3年くらい前のバージョンはファイヤーウォールを起動させなくても、ただインストールしているだけで無線LANが使えなくなる、というとんでもない代物だったのですが、今では無線LANとの相性も良くなり、とても快適です。家庭内用と、外でのホットスポット用とを簡単に切り替えられるのも便利。

もうひとつウィルスバスターを気に入っているのは誤検出が少ないことです。パソコンを買うとよくプレインストールされている某ソフトの場合、これがけっこうあって、今年のはじめにも新しく買ったパソコンにこれが入っていたので、とりあえず使ってみるかと思い使っていたら、大事なファイルをいきなり「ウィルス検出」と表示して削除されてしまったので、頭に来て即刻アンインストール。ウィルスバスターのシリアル番号をネットで追加購入して即ウィルスバスターに入れ替えました。
2005年03月21日12:21 Lumi
genre セキュリティ
■着脱可能な覗き見防止シート
外でパソコンを使用していて、完全に離れたテーブルで使っている時はいいのですが、カウンターで使っていると、まれに隣から覗き込んでくる人がいます。これも例によって、だいたい中年のおじさんたちと相場が決まっています。また電車の座席で使用している場合もどうしても隣の席から見える感じになります。

そこで使用しているのが、覗き見防止フィルター。まっすぐの角度から見ればちゃんと画面が見えるものの、斜めから見ると見えないというものです。

私が使用しているのは住友3Mの製品です。この製品には普通に貼り付けるシールだけでなく、着脱可能な形で取り付けるためのタップが付いていて、これを使用すると、ふだん作業する時はフィルターを付けておき、ノートパソコンの画面を誰かに見せながら説明をするような時はフィルターを外して、といった使い分けができます。他のメーカーの製品にはたいていシールだけしか付いていないようです。ノートパソコンの利用者のことをあまり考えていない感じ。

もっとも工作好きの人ならタップくらいは自分で作れるかも知れませんが。


2005年03月20日12:20 Lumi
genre セキュリティ
■ペンダント型USBメモリ
フロッピーが果たしていた役目はいまや完全にUSBメモリーに移ったとみてよいでしょう。

私の家でも現在4台のパソコンが現役で動いていますが、全部フロッピーは付いていないタイプ。押し入れの中に眠っているものの中に一応使えるものもありますが、どうしてもフロッピーでデータを欲しいという人のために調整するような場合をのぞいて、それらのマシンを起動することもありません。

しかし最近USBメモリの紛失によるデータ流出事故も相次いでいるようです。

私が使用しているのはIOデータから販売されているPRETEC製のペンダント型USBメモリです。以前はUSBメモリは鞄の中に入れて持ち歩いていたのですが、小さいのでしばしばどこに行ったか分からなくなって、探していました。一応大事なデータには暗号を掛けていますが、それでもやはり紛失したら恐い。しかし首からさげて持ち歩いていれば、そういう紛失のおそれはとても小さくなります。

このメモリはパソコンのロックにも使えて、メモリを抜くと画面がロックされ再度差し込むまで使えなくなる、という機能もあるのですが、万一そのロックに使用したUSBメモリを紛失してしまった時のために数時間たつと自動的にロックが解除されるようになっているため、これでは甘いと考え、この機能は使用していません。
2005年03月19日12:19 Lumi
genre セキュリティ
■盗難防止ワイヤー
パソコンを日常持ち歩いていれば、セキュリティにも気を配る必要があります。

そのまず第一が盗難防止ワイヤー。これは基本的には自転車のワイヤー錠と同様のものです。一般にはテーブルの脚などに巻き付けて使用します。私が今使用しているパソコンには右側面にワイヤー取り付け用の穴が空いていて、そこにKENSINGTON製の Slim Microsaver というワイヤーを取り付けて使用しています。このSlim Microsaver対応のパソコンは多いようです。だいたい通販で5000
普通はそういうふうにどこか固定されたものに巻き付けて使うものだと思うのですが、もうひとつの私流の使い方は、腰に巻き付けて使用し歩きながら、パソコンを使うというものです。天気のいい日などパソコンを抱えて道を歩き、何か思いついたらふたを開いて打ち込む、などというのは良くやりますので、そういう時、身体にワイヤーを巻き付けてあると、比較的安心。ただ巻き付けておくとずれて落ちていくので、ズボンやスカートのベルト穴にワイヤーを通して使っています。
2005年03月18日12:52 Lumi
genre セキュリティ
■めしや丼とMKレストラン
雰囲気の良い大衆食堂。そんな感じがするのが「めしや丼」だ。

ほっかほっか亭を運営するプレナスが主宰するチェーン店で、24時間営業の店が多いので夜間の作業によく利用させてもらっている。何と言ってもファミレスよりぐっと安いのも嬉しい。ほっかほっか亭と同じ会社がやっているだけあって味付けが同じという感じ。口の悪い人に言わせれば「ほっかほっか亭の弁当を皿に盛って店内で食べさせてくれる所」だが、こちらはその場所を求めてきているので、まさに良い場所である。行く時はできればドリンクバーのある店に行くようにしている。ファミレス同様長居する時は適宜追加オーダーするし、またそもそもここは御飯が食べ放題なので、ここに行くとかなりの量食べることになる。

ほっかほっか亭は1978年に設立された会社で各店舗で注文を受けてから弁当を作るという、それまでにない新しい仕組みを生み出した会社である。当時、ほっかほっか亭・ほっかほっか弁当・ほかほか弁当(?)などという似た名前の会社がありマークも似ているとして裁判沙汰にまでなっている。店のマークはかまど屋も似ていた。プレナスは長崎県の佐世保の会社で当初地域のFC店の管理を請け負っていたのだが後にほっかほっか亭本体を逆吸収してしまった。現在、ほっかほっか亭は東日本と九州がプレナスの直轄、関西北陸中国四国がハークスレイの管理になっている(東北と茨城はまた別体制)。

そのプレナスが運営するもうひとつの店舗形態がMKレストラン。この名前を最初聞いた時に京都のMKタクシーの系列か?と思ったのだが、そちらとは関係なく、プレナスがタイの同名レストランからライセンスを受けて展開しているものとのこと。ここは安い割に雰囲気のいいレストランで、混雑する時間帯を避けたいので行くタイミングが難しいのだが、行くと快適に仕事をすることができる。鍋物や飲茶など調理の手間のかからないものにメニューを絞っているのがうまく行っている原因ではという気がする。いわばロイヤルホストと逆方向に徹底した店という感じ。何事も徹底すれば美しいのだ。
2005年03月17日12:05 Lumi
genre 飲食店
■そしてロイヤルホスト
ファミレスの中で今のところ一番利用しているのは結局ロイヤルホストのような気がします。

ここの何が良いかというと「雰囲気がいい」というのが全て。次に味がまぁまぁ。これでスタッフの教育が良かったらいうことないというところ。バブル崩壊後に外食産業が危機に陥った時に、ライバルの某S社は低価格路線に進んで特にその象徴ともいうべきGは「値段が高いだけの雑然とした大衆食堂」になってしまった感がありますが、ロイヤルは味や雰囲気をダメにしたら飲食店はおしまいという方針で、値段が少し高くても味を落とさないという路線を取ってきました。その差は現在明確に出ている感じです。

各店舗に必ずコックを常駐させるという戦略も好感が持てます。この会社、実は私は創業者の江頭匡一が社長をやめて一時期息子さんが社長を務めていた時代にはもう見放していたのですが、1990年代半ば頃から少し見直すようになり、ここ3
コーヒーがお代わり自由なので長居するのにとてもいいので、何度か一晩ここでずっと原稿を書いていたことがあります。むろんコーヒーだけでは申し訳ないので2時間に1度くらいずつ新たなオーダーを入れていました。最近ではドリンクバーのある店があるので、できるだけそういう店に行くようにしています。

以前は値段が高いのはいいとしてどんなメニューも量が多すぎて困っていました。あまり入らないからと思ってサラダを頼んだら膨大な量盛られたサラダが出てきて絶句したこともあります。しかし最近は分量を減らしたメニューもオーダーできるようになっていて、とても嬉しい。

良く頼むメニューとしては昔はハンバーグやシチューなどが多かったのですが、以前秋月さやかさんとご一緒した時に「ここはカレーがおいしいんですよ」と言われて、実はそれまで食べたことが無かったのですが、食べてみたら確かに絶品。ということで、最近は3回に1度くらいはカレーを頼んでいる感じです。
2005年03月16日12:02 Lumi
genre 飲食店
■リンガーハットと浜勝
リンガーハットと浜勝はお気に入りの店のひとつです。(元々はリンガーハットは浜勝の子会社だったのですが、現在は両社は合併して社名はリンガーハットの方が残っています)

元々はリンガーハットのちゃんぽんは本式の長崎チャンポンからするとかなり異端なので好きではなかったのですが、15年くらい前に、前々から書きたいと思っていたものの高度の集中がないと書けないのでなかなか書けずにいたデータベース・エンジンのプログラムをリンガーハットの某店で夜中一晩かけて一気に書き上げたのが忘れられず、それ以来時々行くようになりました。ここでは占い原稿はあまり進みません。どちらというと、プログラムを書いたりホームページのメンテをしたりといった作業が良く進みます。

これに対して浜勝の方は原稿書きに向いています。トンカツを噛む動作が脳を活性化するのではないかという気がします。実はリンガーハットよりも浜勝の方が昔から店としてもお気に入りでした。ここのセットの特徴はなんといっても角切りのキャベツにあります。今では希望で千切りキャベツも出すようで、店でオーダーを聞いていると千切りを頼む人が多いようですが、やはり浜勝は角切りキャベツというのが似合います。

トンカツ自体の味としても、私は「新宿さぼてん」と並ぶ最高クラスと思っています。トンカツの難しさはなんといっても油の切れ。下手な揚げ方をしている店は油がべとっと付いている感じなのですが、さぼてんや浜勝のトンカツというのは、とてもカラっと揚がっていて、食べていてとてもヘルシーな感じがします。

ということで最近の私のここでのオーダーは、キャベツ角切り+赤みそ+麦御飯 です。
2005年03月15日12:01 Lumi
genre 飲食店
■感動したサイゼリヤ
昨年家族連れで旅行していた時なのですが、ある町でお昼食べようということになり、駅の近くで「こちら食堂街」のような案内があったので、行ってみたら妙にさびれた雰囲気でした。

なんなんだここは?と思いつつも、営業しているっぽい小さな店に入ったのですが、店員の態度がよそよそしい。どうもこちらが子供連れなのを嫌がっている様子。いかにも出て行って欲しいみたいな言い方をするのでちょっとこちらもカチンと来て、外に出ました。

お腹は空いてくるし、さっきの店の人の対応でちょっと頭に来ていたところで見つけたのがサイゼリヤ(7581)でした。

子供連れで入っていったのに、とても明るく「いらっしゃいませ」ということばにすっかり和んでしまいました。「子供用の椅子お持ちしましょうか?」などなど、家族連れにも慣れている感じ。そして頼んだ食事もとてもおいしくて、ああ、この店はいい店だな、と本当に思いました。お客さんは多いのに賑やかではあってもうるさい感じはなく、客層がすごく良い雰囲気でしした。この時は締め切り直前の原稿を抱えていたので子供の世話はパートナーに任せて私はこの店でひたすら原稿を書いていたのですが、よく集中できて発想もどんどん湧いて文章がとても進みました。

九州にはサイゼリヤが無いのがとても残念なところ。ここはどこかで見つけたらまた入りたい感じです。株も買っておきたい感じですね。
2005年03月14日12:01 Lumi
genre 飲食店
■安すぎて困っちゃうジョイフル
うちの近くにあるファミレスの中でも最高に安いのがジョイフル(9942.F)です。

概して不便な場所にあるのでなかなか行く機会は少ないのですが、入るとあまりにもメニューが安くてどう頼むか困ってしまいます。長居するのである程度の金額オーダーしたいのですが、ここのメニューでは1000円超すのも大変。

安くてまずいのなら、この店行かないですが、ジョイフルは基本的においしいです。スパゲティなどもかなりおいしい部類ですし和食もいいです。日頃ハンバーガーを大量に食べているのでファミレスで基本的にハンバーグは食べたくないのですが、ここのハンバーグセットだけは食べてもいい気になります。

客層としては多分ガストと似た層を狙っていると思うのですが、店の雰囲気が荒れていることの多いガストに比べて、こちらは客層が良いので安心して利用できる感覚がいい。換気も良く作業しやすい。スタッフにしても、マニュアルを丸おぼえしただけという感じのガストより、システマティックな教育をしているとは思えないもののフレンドリーで接客の基本ができているジョイフルの方がほっとする感じです。

ということでここはなかなか行けないけどお気に入りのひとつです。
2005年03月13日08:01 Lumi
genre 飲食店
■ホットスポット
街にホットスポットが生まれ始めたのは3年くらい前だったでしょうか。

私は1992年頃は出先ではISDNの公衆電話から通信をしていました。1995年に初めて携帯電話を買ったのですが、携帯電話での通信を始めたのは翌年です。東京でのオフの時に、小林幸生さんが「モバイラーセット」という感じのものを披露してくれたのに刺激されて私も接続ケーブルを買って始めました。

この当時はアナログの携帯なのですが、当時は携帯側でダイヤルしてから向こう側のピーガガーという応答音が聞こえた瞬間、接続ケーブルをパソコンにつなぐ、という「職人芸」が必要でした。タイミングが悪いと接続できないので成功率30%くらい。しかも通信中に突然切れることもあるという、とても不安定なものでした。

1997年頃から携帯がデジタルに切り替わり始め、私も買い換えるのですが、デジタル携帯の場合はこのような面倒なことをしなくても、ちゃんと普通のモデムのように発信すればいいので、天国に来た思いでした。

ホットスポットを初体験したのは新宿のヒルトンホテルです。当時どうしても屋外での通信が必要だったので、まだ当時は福岡にホットスポットがなかったのをNTT.comと契約(しかも当時は今のような従量契約がなく月契約だった)して、東京でぶっつけ本番で設定して通信しました。この設定の時にはYamanakaさんに、たいへんお世話になりました。

今では街にあふれているホットスポットですが、当時はひじょうに少なかったので見つけるのがたいへんでした。ネットで検索して「ホットスポット」というのがあったので開いてみると「ホッとするスポット」だったりして、まだホットスポットという言葉自体が一般の人たちには知られていなかった時代でした。
2005年03月12日08:05 Lumi
genre diary
■思考を邪魔される会話は。。。
カフェやファーストフード、ファミレスで作業をしている時に集中を乱されやすい会話のパターンというのがあります。幾つかあげると

(1)マルチ商法の勧誘
(2)交通事故の保険の交渉
(3)携帯であちこち電話してビジネスする人
(4)嫁姑問題の相談

まず基本的に携帯であちこち電話する人は外に出て欲しいと思います。これが日常会話ならまだいいのですが、ビジネスの交渉などをそばでやられては、私のような人だけでなく、一般の客にも迷惑です。短時間で終わるのならまだいいのですが、いつだったかは1時間くらいひっきりなしにあちこちに掛けていた人がいました。

だいたいこういうのをやる人は中年のおじさんと相場が決まっています。若い人はだいたいマナーがいいです。

マルチ商法の勧誘はよく見かけます。概して誘われているのは見ていると、商店主っぽい中年男性、若い外国からの留学生、大学に入ったばかりかな?という感じの男子大学生。今まで女性が誘われているのは偶然かも知れませんが見かけたことがありません。男性のほうがこういうものはひっかかりやすいのでしょうか。

交通事故の保険の交渉は交渉そのものの問題より、事故の中身の描写が「きゃー」という状態です。顔が潰れただの、膝下切断だのという会話を、ひとがそばで食事しているところでやるのは、やめて欲しいです。

嫁姑問題はだいたい30代くらいの女性同士の会話が多いですが、聞いている(聞くつもりがなくても耳に飛び込んでくる)内にこちらもイライラしてくるので、やはり集中を乱されます。
2005年03月11日01:23 Lumi
genre diary
■最高の盗難防止はタロットか?
パソコンを持ち歩いて作業をしていると、盗難防止には注意を払う必要があります。基本的には盗難防止ワイヤーを持ち歩いているので、お店で作業している時はテーブルの脚などにワイヤーをひっかけていますので、瞬間的な強奪などはほぼ不可能な状態です。またトイレなどに立つ時はかならず持って行くのでこれも問題なし。

微妙なのが、カフェならミルクなどを取りに行く時。ファミレスなどでドリンクバーに飲み物のお代わりを取りに行く時など。

手に持ったままでは飲み物を作ったりするのがたいへんなので、この時だけはパソコンをテーブルに置いたままにすることが多いです。一応ワイヤーがあるものの、それにプラスして密かに抑止力として期待しているのが、タロットカード。

席を立つときにふたを閉じて(開けたら開始するのにパスワードが必要)、その上にタロットカードの剣の女王であるとか、皇帝であるとか、わりと強いカードを表向きにして1枚置いて席を立ちます。すると、これをもし盗ろうする人があってもこのカードを見た時にさすがにギクっとするのではないかという訳です。悪いことをしようとする人のほとんどはけっこう微妙な心のバランスで行動しているので、その心を少しくらい揺り動かす程度の効果はあるのではないかと。。。。。

勝手に期待しています。
2005年03月10日12:15 Lumi
genre diary
■マクドナルド4つの利点
ハンバーガーショップの中でもやはり一番作業がしやすいと思っているのがマクドナルドです。

・比較的換気が良い店が多く酸素がたくさんある。
・店が広くスタッフが客を放置してくれるので居心地が良い。
・BGMが最近の流行曲(特にポップス系)が主体で邪魔にならない。
・安い割に味もそう悪くはない。

などといったところが主たる理由でしょうか。特に店が広いというのは、普通混雑するような時間帯(12-13h,17-19h)でも店によっては入ることができるということで、これは丸1日あちこちの店を渡り歩きながら仕事をしている時にはとてもありがたいです。むろん満席になってきたなと思ったら、早めに出るようにはしていますが。

日本マクドナルドの創業者の藤田田さんはこういう軽食店というのは時間と場所を売る商売だから、居やすい店でなければならない、という方針だったと聞きます。喫茶店的な考え方がベースなんですね。こういうのが「うまい・安い・早い」をモットーとする吉野家などとは決定的な違いかなという気もします。マクドナルドも藤田氏が亡くなって、経営方針も色々変わってはいるようですが、こういう居心地の良さを目指す路線だけは変更して欲しくないところです。

マクドナルドで今のところ私の好みのメニューはフィッシュマックディッパーです。これをサラダとアイス烏龍茶(店によっては爽健美茶)のセットにしています。これで350cal程度のローカロリーなメニューになります。

しょっちゅうマクドナルドに行くので株主優待目当てで株を買おうかとも思っていたのですが。。。。。

元々安いメニューが多いので優待券を使う意味があまり無いかも知れない、という気がして保留中。
2005年03月09日12:02 Lumi
genre 飲食店
■ハンバーガー私的ランキング
仕事をするのにカフェの次に良く行くのがファーストフードです。

マクドナルド、ロッテリア、ウェンディーズ、ケンタッキー、モスバーガー、ミスタードーナツ、などといったところを渡り歩いているのですが、こういう大手チェーンの中でやはりハンバーガーの味がいいのは、なんといってもモスバーガー。しかもモスバーガーの店には、NTT-Comのホットスポットになっている所がけっこうあるので、資料調べをする時に(有料ですが)ネットにつないで調べることができるメリットもあります。

しばしばハンバーガーショップの味のランキングで「モスバーガーは別格」と言われるのですが、実はその別格の更に上の「比較すべきでない」ともいうべき、素晴らしい味のハンバーガーを出してくれる店があります。それがフレッシュネスバーガーです。

マイナーなチェーンなので、店の数も少なく、私もなかなか行けないのですが、ここのハンバーガーにしろホットドッグにしろ絶品。値段はモスより更に高いですが、それだけの価値がある味を出しています。

ただフレッシュネスの問題点は値段が高いだけあって、客層も年齢が高いということ。やはり高校生のお小遣いではちょっと腰が引ける店です。そして客の年齢層が高いととても困るのが、無遠慮に話しかけてくる、おじさんたちが良くいるということ。深夜3時4時とかなら客の半分くらいはどっちみち酔いつぶれていてあまり心配いらないのですが、日中にフレッシュネスに入ると、しばしば話しかけてこられて困っていました。ということで仕事にならないので最近はここはあまり行っていません。
2005年03月08日01:22 Lumi
genre 飲食店
■パソコンは完璧な消耗品
私はパソコンを酷使しています。

だいたいほぼ24時間付けっぱなし。そして毎日のように外に持ち歩きます。そこで凄まじくパソコンは消耗します。壊れるのには慣れっこになってしまった感があります。そこで毎年1
つまりその程度しか持っていないんですね。

私にとってパソコンは完璧に消耗品です。

95年に買ったEpsonのノートパソコンVividiは2年くらい使った頃に液晶が映らなくなって液晶パネルを交換したのですが、メンテの人が「なぜこんなに消耗しているのか不思議だ」と首をひねっていました。

パソコンを売っている側からすると、ノートパソコンなんて1日にせいぜい42005年03月07日11:51 Lumi
genre diary
■バッテリーの悩み
長時間外で作業をする場合にいちばん何が問題かというとバッテリーです。

多くのノートパソコンは、持ち歩くにしても客先でのデモンストレーション数十分程度だろうと考えられているのか、あるいはどうせ外には持ち歩かないだろうと踏んでいるのか、バッテリーが1
ところが原稿書きが煮詰まっている時は丸1日外を放浪していることもあるので、バッテリーの持ちは大問題です。

一昨年の夏まで使用していた富士通のマシンはバッテリーが1個で3時間持っていたのでこれを3個持ち歩いていました。ただしその内1個はかなり消耗していて1時間しか持たなかったので実質7時間の航続時間になっていました。

その当時サブで使用していたSharpのマシンは1時間半しかバッテリーが持ちませんでしたが、そのバッテリーの重さが、メインマシンのバッテリー2個分の重さありました。9万で買ったパソコンなので文句は言えませんが。しかしノートパソコンの大半はこんな感じのようです。

現在使用しているマシンは2個同時にバッテリーが入れられるタイプで2個合わせて8時間くらい。これに1個予備のバッテリーを持ち歩くので、だいたい12時間程度の航続時間が得られています。

最近マクドナルドの店舗の中に、電源を装備してくれている店が出てきました。新大阪駅のところとか、福岡の天神3丁目店などがそうですが、こういう店があるととても助かります。羽田空港には電源を使用してパソコンが利用できるスペースがあります。これは元々公衆電話が置かれていたところを再利用してサービスしているものだそうです。あと、スタバの中にも言えば電源を貸してくれるところがあるそうですが、ノートパソコンで仕事をする人たちが増えてくる中、こういうのは嬉しい対応だと思います。
2005年03月06日06:51 Lumi
genre diary
■血の巡りを良くする
原稿を書くのに、かなり良く進むパターンのひとつが、道を歩きながら
原稿を書くというものです。

最近のノートパソコンは軽い(今使っているのは富士通Biblo-MG70H)
ので左手で持って歩きながら右手で文字を入力することができます。
ただ、右手だけで打つのはけっこうきついし、片手で支えているのも
長時間やっているとさすがに疲れてくる。

ということで次なるパターンが、道を歩いて30m程度ごとに止まり、
その付近の階段などに腰掛けたり、あるいは適当な高さのブロックや
電力ボックスなどがあればそこにちょっとパソコンを置いて原稿用紙
1枚分程度打ち込み、また歩き出す、などということもやります。
この時、場所によってはちょっとセキュリティ的な不安があったので
すが、昨年秋に盗難防止ワイヤーを買ったので、それを身体に巻き
付けておけば結構安心感があります。

あるいはよくやるのはデパートなどに各階にある休憩所を使う方法で、
階段で1階おりては1枚分程度書き、また1階降りては書き、とやると
10階建ての建物から降りてくればその間に原稿用紙9枚分仕事が
進む、というもの。

この手の書き方はやはり、身体を動かすことで血の巡りが良くなって
進むのではないかという気がします。カフェからカフェに移動する際も、
近くのカフェに移動するより最低5分くらいは歩いた先のカフェに移動
したほうが、移動先で仕事が進みます。

あるいは血の巡りがよくなることで脳への栄養と酸素の補給がうまく
いくのかも知れませんが。
2005年03月05日01:56 Lumi
genre diary
■空気と水と食料
ホームページの記事その他や占い原稿などを書いたりするのに飲食店を
渡り歩くのですが、これは何か食べながら書くと文章が進むからです。

書くときにいくつか必要なことがあって、まず空気がたくさんあること。
それと「癇に障る」声が聞こえないこと。混雑しすぎている店は酸素が
足りなくてダメです。それからテレビが付いている店(ガスト等)はダメ。

だいたいお気に入りは、スターバックス、マクドナルド、ロイヤルホスト、
ミスタードーナツ、あたりですが外からのぞいてみて混雑している時は
避けます。概して長居するので迷惑だという問題と、混雑していると
酸素が足りないという問題があります。

こういう作業、特に占い原稿を書いている時はだいたい左右の脳が
フル回転しています。右脳が「あちらの世界」と交信しながらイメージを
捉え、それを左脳が文章に直していきます。ものすごく微妙なバランス
で書いています。

この時物凄く酸素とカロリーを消費しています。

飲食店で原稿を書いているということは、日々たくさん食べていること
になりますが、どんなに食べても体重はほとんど変わりません。
偶然にもカフェに入ることが多くて、コーヒーとかばかりであまり食事を
しなかった日は1日で1.5kgくらい体重が落ちます。それだけのカロリー
を脳が消費しているということなのでしょう。そしてそのカロリーを消費
するために酸素もかなり使用しているのでしょう。

ですから私はだいたい入口の近くとか空調の吹き出し口近くなど、
酸素が充分補給できる場所に座るようにしています。


2005年03月04日04:36 Lumi
genre diary
■ワタミって
株主優待情報を集めている掲示板で、盛んにワタミ(7522)を勧めている人が
いたので先日情報を眺めていたのですが「和民を展開しているところ」と
あって、私も居酒屋は詳しくないものですから『ふーん、ワミンというのをやって
いるのか。近くにあるのかな。。。』などと思っていました。

ところが今日たまたま町を歩いていたら、目の前に「和民」という看板が。

あ、うちの近くにもあったのかと思って眺めていた時、突然「和民」で
「わたみ」と読むんだということに気づいてしまいました。

何と、重箱読みだったとは。。。。。

ちょっと今すぐはチャート的には買えない感じですが、飲食店の優待券は
仕事の都合上ありがたいので、検討してもいいかなという感じです・
2005年03月03日11:58 Lumi
genre 飲食店
■残念なフォルクスの深夜営業終了
仕事柄、カフェやファミレスなどでノートパソコンに向かって仕事をしていることが多いのですが、深夜に作業する時にとても重宝していたのが、ステーキハウス・フォルクスでした。

ここはステーキの料理にサラダバーが付いていて、ブレッドバーも一緒に頼むと、パンとサラダが食べ放題。だいたい深夜の2時か3時頃に出かけて、のんびりとステーキを食べ、サラダとパンを食べて2時間くらい仕事を続ける。これは割とお気に入りのパターンでした。

ひじょうにここが気に入っていたので、フォルクスの株主になろうかな、などとも思っていたのですが。。。。。先月いっぱいで深夜営業終了。確かにBSE問題の以降、深夜の客はとても少なくなっていて、いちばん騒がれた時期などは2時間ほど滞在していても、その間に他の客が全く来ないなんてこともありました。最近ではさすがにある程度人はいるのですが、それでもそんなに多くはない。ロイヤルやガストなどの混雑しようとは対照的です。

ということでやはり採算が取れないので深夜営業停止なのでしょう。しかし3時に終わられるとなると、利用できるタイミングとしては1時頃にお店に入るパターン。タイミングが少しでもずれると食べ終われない可能性もあるので、果たして次いつ行くか、微妙かも知れません。
2005年03月02日08:22 Lumi
genre diary
■占人之日常
このココログは日々見たもの、感じたものそこはかとなく書き綴るコーナーです。
2005年03月02日07:52 Lumi
genre diary
8月 2017
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
別館Top
実験館Top
Twitter