夜間飛行
  今宵のあなたの旅のお供は私です。  





■スマートフォンって何だろう?
うちのPC用語辞典に「スマートフォン」という項目を書こうと思ったのだけど・・・分からん(+_+)☆\バキッ

■wikipedia日本語版
スマートフォン(英: smartphone)は、携帯電話・PHSと携帯情報端末(PDA)を融合した携帯端末。(中略)通常の音声通話や携帯電話・PHS単独で使用可能な通信機能だけでなく、本格的なネットワーク機能、PDAが得意とするスケジュール・個人情報の管理など、多種多様な機能を持つ。

その定義では、日本の携帯はほとんどがスマートフォンです。

■はてな
iPhoneやAndroidなどを代表とした多機能な携帯電話のこと。携帯電話とパソコン・PDA(携帯情報端末)の機能を組み合わせたもの。従来の携帯電話と比較して、画面が広く通信機能が強化されて閲覧可能なwebサイトも拡充されているなど、音声通話以外の機能が充実しているアプリ(アプリケーション)をダウンロードすることにより、自分好みに、パソコンのような使い方ができるのが特徴。

やはり、日本の携帯はほとんどがスマートフォンですね。うちの携帯だってPC用のWWWサイトも見れるし、たくさんアプリをインストールしてますがな。BREWで制限のきつかったauもオープンアプリプレイヤーが導入されてから実質的に自由になりましたね。

■e-words
コンピュータを内蔵し、音声通話以外に様々なデータ処理機能を持った携帯電話。電子メール機能やWebブラウザを内蔵し、インターネットに接続することができる携帯電話などがこれにあたる。

この定義も同様。今時コンピュータ内蔵してない携帯電話とか電子メールやWWWブラウズのできない携帯電話なんて存在するのか??

■NTT東 週刊フレッツ
スマートフォンと呼ぶ場合、携帯電話と決定的に違うのは「Android(=アンドロイド)」などの専用に開発された「OS」を使用しているものを意味する点です。OSとは、パソコンで言うWindowsと同じ、いわゆる「基本ソフト」と呼ばれるものです。

えーと、ふつうの携帯電話にiTronとかSymbianOSとかREX OSとか使われているのご存じない??

-------------------------
ってなことで、このあたりのお話を全部忘れることにして、考えてみた定義。

■新定義案A
スマートフォンとは、高機能な携帯電話の総称で、タッチスクリーンあるいはフルキーボードで操作できるもの。

うーん。タッチスクリーンもフルキーボードも付いてないスマートフォンがどこかに無いだろうか・・・・不安だ。

「端末片面のほとんどがディスプレイになっている」というのを入れようとしたのだけど、BlackBerry Bold 9700 みたいに、液晶画面が本体の半分までしかないものもある。

「アプリケーションの作成やインストールが自由である」なんてのも入れようとしたのだけど、日本のふつうの携帯でもアプリは作れるし、逆にiPhoneで自由を得るには、公式サービスではない「脱獄」をさせる必要があるわけで、かなり問題のある条件だ。

■新定義案B
スマートフォンとは、高機能な携帯電話の総称である。

あはははは。これ以上何も書けないのかも(+_+)☆\バキッ

だいたい日本の携帯は海外では全てスマートフォンとみなされている、とか書いていた人がいたぞ。ほんとかどうか知らんけど。

■こんなんでどうだ?
スマートフォン 高機能な携帯。かなり広い画面を持ち、タッチスクリーンやフルキーボードで操作できるもの。[[フィーチャーフォン]]に比べると安定性に欠きパソコン同様のトラブルが起きる可能性もあるが、その代わりフィーチャーフォンではとても動かないような高度なアプリケーションを作成・インストール可能。

フィーチャーフォン 中機能な携帯。[[スマートフォン]]と[[ダムフォン]]の中間レベルに位置する。ある程度広い画面を持ち、スマートフォンほどの機能は無いものの代わりに高い安定性を持つもの。メール、ブラウザ、スケジュール管理、住所録、電子辞書、音楽プレイヤー、録音、カメラ、ビデオ、テレビ、ラジオ、地図、カーナビ、時計、アラーム、タイマー、電子マネー、会員証、航空機搭乗券、ゲーム、ニュース受信、などの機能があり、様々なアプリをインストール可能である。

ダムフォン 通話しかできない携帯。

問題は「高機能」と「中機能」の境界をどこに引くかですね。。。
実は差は無いのかも知れない(+_+)☆\バキッ

フルキーボードとかもね。。。。あんな小さなフルキーボード打ってるより、フィーチャーフォンで「ポケベル打ち」やったほうが、たぶんよほど速く入力できる。

スクールオブロックとか聴いてると、携帯早打ちのクイズに凄い速度で反応している連中がいるもんな。絶対やつらはスマートフォンではないと思う。

(2011.3.5)
■CMapを使ってみた
iPad2が出たので、うちのサイトのPC用語辞典 http://www.ffortune.net/comp/dict.htm を更新しようとしたのだが、用語辞典の原稿ファイルに「ダイナミックリンク」を埋め込んで公開形式に変換するプログラム(Visual C++)に微妙な問題点を発見したため修正していたら、CMapを使ってみたくなった。

元のプログラムでは用語からそれが書いてあるファイル上のポジションを取得するのに
CStringArray m_keystr;
CArray m_keypos;
というふたつの配列を作っておき、連動して値を設定しておき、いったんソート(Bubble Sort)した上で用語をバイナリーサーチして見つけ出して、それに対応するポジションを取っていた。

これを
CMap m_keys;
というマップに変更してみたら、約1万件(3MB,リンク16000件)の用語集にインデックスを埋め込むのに0.1秒ほどバイナリーサーチしたものより高速になった(20.6秒→20.5秒)。CMapはハッシュ法を使っていると思うのだけど、ハッシュ衝突があまり起きなければ当然の結果。どちらかというと、もっと速くなって欲しかった。

(なお毎回バイナリーサーチするのはさすがに負荷が大きいのでキャッシュを256個持っている。そのロジックはそのまま残した。計測したらCMapのみでやるよりキャッシュを使った方が0.2秒速かった)

さて、その状態でリリースしようと思った時に、今まで無視していた、元原稿のエラーチェックをするロジックを入れたくなった。

そのために同じタイトルの用語が各何件あるかカウントする必要が出た。(たとえば"PM"という用語は17件定義されている)

これをやるのにPerlなら
if ($zkeys{$wkey}){ $zkeys{$wkey}+=1; } #何となく++と書きたくない
などとやってカウントしていけばよい。

ところがこれをCMapでやろうとして悩んでしまった。
class CKeyData { int m_pos; int m_cnt; };
みたいなのを定義して
CMap m_keys;

などとすると、キーから値を取り出すのは LookUp でできるが、取り出したのは値なのだから、CMap内のデータの更新が出来ない。

CMap使えねー!と思って文句を日記に書き始めたのだが・・・・書いている内にやり方が分かった!!

typedef CKeyData* LPCKeyData;
とポインタを定義して
CMap m_keys;
のようにすれば、取り出したものはポインタだから、そのポインタを使って、ちゃんとCMapで管理されているデータの中身が更新できる!

Perlの場合は、このあたりの「ポインタ」と「中身」が曖昧に混用できてるんだよね。だからとても簡単にプログラムが書ける。でもC++の場合は、そのあたりを正確に書き分ける必要がある。

結果的にはPerlのこの付近の処理に関する理解も深まった気がしたのでした。

合計作業時間 約28時間。

(2011.3.5)
■テレビ難民回避確定
壊れそうで壊れないうちのテレビ、地デジ対応をどうするか悩んでいたのですが。。。。。

地デジ対応テレビを買う→すばらしいがお金が無い
5000円のコンバーターを買う→もしテレビがすぐ壊れたら投資が無駄

それでもし今のテレビが壊れてしまったら仕方ないから地デジTVを買う、もし7月まで壊れなかったらコンバーターを買う、という基本方針だったのですが・・・・・・

うちの地域のケーブルテレビが2015年まで、デジアナ変換をしてくれることが発表されました\(^−^)/ これでコンバーター買う必要はなくなりました。

隣町の珠洲市では先行してアナログ停波してしまったのですが、珠洲市のケーブルテレビがデジアナ変換放送をしたので、ほとんど混乱が無かったのですよね。珠洲市にしてもうちの町にしても、よほど巨大なアンテナでも立てない限り地上波テレビ放送が受信できないので、ほとんどの家庭がケーブルテレビに加入している。珠洲市がデジアナ変換してくれたから、うちの町もやってくれないかな?と思っていたら、待っていて正解でした。

さて、ポンと地デジTVとブルーレイレコーダーを買えるくらい、誰か稼がせてください。お仕事が欲しいよぉ(+_+)☆\バキッ

(2011.3.2)
■すかいぷ
久しぶりに触ったら、けっこう面白かった。
win7でちゃんと動くか確認してみたのだけど問題無いですね。
Sound Test Service に20回くらい掛けた。

他のパソコン(XpかVistaか)にもインストールしてみて、2台で通話してみるかな?(+_+)☆\バキッ

ビデオチャットの反応速度を確認しておきたい。
(webcameraが最新のwin7機にしか付いてないから画像は一方通行だけど)

ヘッドセットのフォンのほうが断線気味だったので、ヘッドセットのマイクだけ使って、小型のイヤホン差して使ったら少し疲れた。

予算が取れたら新しいの欲しいな・・・・・

(2011.2.27)
■中国語のページだと言われた^^;
さっき気づいたのですが、うちの和暦西暦対象表のページを Firefox版Google Toolbar が中国語(繁体字)のページだと主張します^^;

それで「日本語に翻訳」を選択すると、とっても「なんじゃ、こりゃ~」な内容に。

どのページでもこうなりますが、たとえば
http://www.ffortune.net/social/nenpyo/c05/0457.htm
http://www.ffortune.net/social/nenpyo/c20/1904.htm

ちなみに IE版のToolbarはちゃんと日本語と認識してくれます。

念のため

<html lang="ja">
<META http-equiv="Content-Language" content="ja">
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

と、しつこく日本語であることを主張しています^^

一応Googleにはレポートを送っておいた。

(2011.2.21)
■ヨテセミ
ヨセミテではありません(+_+)☆\バキッ

NHKのユーガッタ・クインテッドで最近よく演奏されているバラード調の曲なのです。

ミソラレ・レミレドレミ というシンプルなメロディラインに載せて

「ヨテセミ、キヅツノメユ」ということばが繰り返されていきます。

最初何語だろう?と思ったのですが・・・・
「夢の続き、見せてよ」を逆に言ったことばでした

なんか聞いていてほんわりとするんですよね、この曲。

でも続きを見たい夢なんて、あまり見ないなあ・・・・

(2011.2.11)
■レオン
昨日、車の中でFMを聴いていたら山寺宏一さんの番組で、ラストの方で山寺さんが、何かの映画のワンシーンの台詞をなりきりで話すというのをやってました。

弟をスタンに殺されたマチルダが復讐のためスタンの所に来る。スタンがトイレに入ったのを見て、マチルダも入るが、スタンは付けられていることに気づいており、壁際に身を寄せてマチルダをやり過ごし、背後を取る。そして。
「あんた、誰に頼まれた?」
「誰にも頼まれてない。あなたが私の弟を殺したから」
「そりゃ済まなかったな。で、弟さんの所に行きたいのかい?」
「いいえ」
「いつも同じだ。人は死におびえた時、生きる意味を思い起こす。お嬢ちゃん、生きていたいかい?」
「ええ」
「それは良かった。死を恐れていない奴を殺しても楽しくないからな」

で、これが何という映画なのか、番組では聞き漏らしてしまったので、どうにも気になりました。

で、家に帰り着くまでに「マチルダ」という名前まで忘れてしまって、記憶に残っていたのは「スタン」という名前だけ。あとは会話に出てきた単語をいくつかキーワードに指定して検索。

かなり絶望的な検索と思ったのですが、なんと幸いにも該当する映画が見つかりました!

1994年の映画で「レオン」。
悪徳警察官のスタンを演じたのがゲーリー・オールドマン。
マチルダはナタリー・ポートマン。彼女の出世作になった作品。

FMで聴いたやりとりからは、マチルダって27-28歳くらいの大人の女性と思ったのに、映画の設定は12歳なんですね。12歳の女の子が弟を殺された復讐に銃を持って警察に乗り込んでいく。ちなみに映画公開当時ナタリー・ポートマンは13歳で、等身大の役柄を演じていました。

「レオン」というのはスタンの部下の殺し屋で(但しレオンはボスがスタンであることを知らないし、スタンも末端の部下までは知らない)、なりゆきからマチルダを何度も助けることになり、最後はスタンと相打ちで爆死するのですが、あらすじ読んでみても・・・・この映画はマチルダが主役で、レオンは脇役ではないかと思ってしまった(+_+)☆\バキッ

実際の映画のクレジットは、レオン役のジャン・レノ、スタン役のゲーリー・オールドマン、そしてマチルダ役のナタリー・ポートマンの順ですね。山寺宏一さんは実際にこの映画のプルーレイ版でスタンの吹き替えをしています。

ところで山寺宏一さんって、FMで声だけ聴いた感じでは、山男みたいな感じのおじさんかと思ったのに、ご本人のサイトでお写真拝見したら、声とはまるでイメージの違う、線の細い感じのお兄さんって雰囲気ですね。

該当箇所の台詞原文(IMDBより)
Mathilda: You killed my brother.
Stansfield: I'm sorry. And you want to join him?
Mathilda: No.
Stansfield: It's always the same thing. It's when you start to become really afraid of death that you learn to appreciate life. Do you like life, sweetheart?
Mathilda: Yes.
Stansfield: That's good, because I take no pleasure in taking life if it's from a person who doesn't care about it.

「sweetheart」はここでは恋人という意味ではなく、年若い少女への呼びかけな訳です。「お嬢ちゃん」くらいの訳出でよさそうですね。

(2011.02.07)

2011年02月07日10:23 Lumi
■時計電卓を改訂
JavaScriptユーティリティ集の中の「時計電卓」を改訂しました。
http://www.ffortune.net/utl/time.htm

・今まで時刻の加算のみだったのを、年月日日時分+年月日日時分のパターンもできるようにフォームを追加しました。

・繰り上がり計算のところが簡易式だったのを正規のロジックに置換しました。今まで時とか分には0-59の数値を入力されることを期待していたのですが、80分92秒みたいなのを書かれても大丈夫にしました。マイナスの値でも大丈夫です。

・内部処理上の問題ですが、今まで全部スカラーで計算していたため、かえって不自然なコーディングがあったのですが、YMDクラスと HMSクラスを定義して、記述をすっきりさせました。JavaScriptでクラスを使用したのはこれが初めてです。

(2011.01.24)
2011年01月24日21:46 Lumi
■なんちゃってブログ
これまでブログというのをいくつも「仮設置」しては、全然本格的に使っていなかったのですが(+_+)☆\バキッ

なにが問題って、ブログ書くのはいいのだけど、あとでどこに書いたか分からなくなっちゃうのですよね。

せっかくホームページを展開していて記事をジャンル別の階層に整理しているのに、そこにブログ作ると、ジャンルからその記事が探せない。

それで唯一今まで本気で書いた「今日は何の日」ブログが、あのブログ自体が蒸発したあと、その内容を実はいまだにホームページ未掲載なのです。

あの内容についてはどこかで頑張ってHTMLに起こすつもりですが、同じ轍を踏みたくないので、ずっと躊躇していたのです。

それとともに、記事はHTMLで書いて、それをブログみたいな形で時系列に表示していく仕組みが作れないかというのを、2-3年前から考えていました。しかし乗り越えるべき問題点(技術的なもの・運用的なもの)がいくつかあって、それをなかなか解決できなかった。

それがここのところ、携帯対応のシステムをずっと作り込んでいるのですが、その一環でどうしてもこれと似たことをせざるを得なくなり、そちらのシステムのウォーミングアップもかねて、「なんちゃってブログ」を作ってみました。

http://www.ffortune.net/blog/

見た目はブログです(^−^)

でも実は各記事は、www.ffortune.net のサーバーのどこかにある記事をまるごと引用してきているだけ(^−^;
(www.ffortune.netの記事はほとんどShift-Jisで書かれていてブログはUTF8なのでコード変換だけしています)

だから各記事の個別リンクをクリックすると、そのページに行きます。

でも書いた記事を時系列に見れる。

昔作っていた「What's new」を今風に作り直したようなものですね。

とりあえず見た目だけ作ってしまったのですが、このあと記事の掲載用プログラムにも、この「なんちゃってブログ」の表示用データベースも同時に更新するようにしようと思っています。

なお「なんちゃってブログ」の背景に使用した飛行機の画像は、2009年7月の奄美での皆既日食のおり、皆既になった直後に奄美空港に着陸してきた航空機の写真(白黒反転)です。これDHC?

2011年01月21日12:56 Lumi
■WikiとBlogと掲示板を新設してみた
実験をかねて、WikiとBlogと掲示板のソフトをインストールしてみました。

WikiとBlogは完全な実験ですが、掲示板はffortune.netの掲示板,uf22の掲示板がともに死亡して久しいので、本格的な掲示板システムをあらためて作り直すまでの「トランジット」な本番運用にしたいと思います。

いづれも http://can.ifortune.net の表紙から辿れます。
別々のソフトを入れているのでユーザー認証がばらばら(従来から動かしているwiki群ともまた別)なのが申し訳ない。

■wiki
 PmWikiを入れてみました。いわゆる「高機能wiki」のひとつですが、高機能であるにも関わらず、ストーレッジをデータベースではなくファイルで持ってくれるので、サーバーのリソースを食わずに導入できましたし、他のサイトに移転するときもデータベースの表のエクスポート・変換・インポートとかで悩まなくて済みそうなので。

 どのくらいの数の項目までこのwikiでやってみるかは、何ともいえません。とりあえず200~300項目書き込んでみて、反応速度を見て判断したいと思います。

■Blog
 BlognPlus!を入れてみました。データベースを使用しないBlogである程度しっかりしたものというと、これしか無いのですよね。

 MovableTypeやWordPressはこれまでもさんざん使ってきたので(WordPressはB2時代から)、他のを試してみようというのがありました。

■掲示板
 これまで動かしてきたオートフロート型の掲示板にいいのがないかと思って探していたのですが、どれもこれまで自分が作ってきたものほどのパワーが無いという・・・・またあまりにも2chのパクリっぽいのは嫌いだし、匿名掲示板を作るつもりは毛頭ないですし。

 ということでPHPBB風の「フォーラム」ソフトに浮気してみました。比較サイトで各ソフトの特徴を見ていて、こちらのニーズにいちばん近い感じがしたもので FUDforum というソフトを入れてみたのですが・・・・

このソフトって「フォーラム」を作るソフトではなく「ニフティ」とか「folomy」みたいなのを作るソフトでした!!

完璧にCMSですね。これ。

とりあえず初期設定して内部に「占いフォーラム」を作り、談話室、西洋占星術の部屋、タロットの部屋、東洋占術の部屋、雑占の部屋を作りました。

フォーラムが1個では寂しいので、あと7-8個くらい作っておきました(+_+)☆\バキッ

もしよかったら、アクセスしてwikiや掲示板に書き込んでみたりして、感想などお聞かせいただけたら嬉しいです。

2011年01月19日02:03 Lumi

8月 2017
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
別館Top
実験館Top
Twitter