↑
お盆について

 

お盆の語源について

お盆の語源については、従来仏教関係者の主張に従い「盂蘭盆会」(うらぼんえ)から来たという説が流布していました。しかし「うらぼんえ」が「ぼん」になったというのはどうも無理があるような気がしてなりません。私はむしろ先祖供養の供物を乗せる「盆」(ぼに)のことである、という説の方を信頼したい気がします。

盂蘭盆会というのは、サンスクリットの「ウッランバーナ」の音訳で、死者があの世で逆さ吊りの苦しみを受けている、ということを表します。これは釈迦の十大弟子の一人の目蓮(モッガラーナ)が、自分の母が地獄で責め苦に遭っているのを霊視したものの、どうすれば助けられるか分からず釈迦に相談したところ、7月15日に大勢の僧で供養を営むとよいと教えた、という故事に由来するものです。

一方、日本では古来夏と冬に1年の始まりがあった名残で、1月と7月に祖霊のお祭りをする習慣がありました。これが正月と盆で、元々はどちらも神道の管轄だったものが平安時代の神仏習合の際の妥協策として盆の行事は仏教に移管され、代わりに正月は神道の管轄が保障されたもの、とも言われています。このため、日本の民俗行事は正月と盆に異様に集中しています。現在でもこの古い形態の盆の名残で7月いっぱいお盆の行事をする地方もまだ残っているようです。

すっかり定着した8月15日のお盆

さて、お盆の日取りはいつでしょうか? 8月15日?? いえいえ、本来は7月15日ですね。NHKのアナウンサーなどはきちんと「月遅れのお盆」という言い方をしています。要するにほんとうは7月15日にしたい所なのですが、これは元々当然旧暦の7月15日に行っていた行事なので、新暦の7月15日にしようとすると、どうも全然お盆らしくない時にお盆をやる羽目になってしまいます。しかし旧暦でやるのは新暦で生活している一般の人には不便なので、妥協策でいわゆる「中暦」を適用し、新暦で1月遅れの8月15日にお盆の行事をやっている訳です。

戦後はちょうどこの日が終戦記念日と一致するため、否が応でもお盆の気分が盛り上がるようになりました。

お盆の主な行事

迎え火一般的には13日の日に祖霊をお迎えするためにお墓や川端などで火を焚きます。古い習慣ではこの迎え火の火をロウソクに移して家に持ち帰り、仏壇の灯明につけましたが、今では防災の問題でその灯明自体が電気式になってしまった家が多いようです。
墓参りお盆の一週間前にお墓に参って掃除をする所が多いようです。迎え火と一体化している地方もあります。一部の地方では、村中でお墓に繰り出し、飲めや歌えの大騒ぎをする所もあります。これは賑やかにご先祖様をお迎えする楽しい行事です。
盆だなお盆の期間、仏壇に特別な棚を設置したりして、特別な供物をおそなえします。まずは落雁あるいは砂糖菓子など。それに果物、そうめん、なす、ほおづき、お団子、などなどが定番です。他に仏様が生前好きだったものを供えたりもします。
盆踊り近年の様式としては町の広場に大勢集まり、真ん中に櫓を設置してその上で太鼓を叩き、まわりで輪になってみんなで踊るというものです。一般には「音頭」の形式の音楽を流しますが、流行歌などが混ざるケースもあり、様々です。徳島の阿波踊りもこの盆踊りが起源という説もあります。なお旧暦で盆をしますと盆は必ず満月なのでよかったのですが現在では必ずしも月は出ません。1999年の場合も月はまだ5日なので早い時間に西の空にあるだけですぐ沈んでしまいます。
読経お盆にはお寺の坊さんが檀家を回ってお経をあげて回ります。この時期お坊さんは大忙しです。明治時代の政策の名残で学校の先生をしているお坊さんは多いですが、この時期学校はちょうど夏休み。うまくできているものです。
送り火盆の終わりには送り火をしてご先祖様をあの世へ送り出します。京都の大文字などはこれが大規模になったものです。この変形で近年よく行われるのはこれを灯籠にして川に流す、灯籠流しです。また長崎県などでは精霊流し(しょうろうながし)といい、盆の供物をこもに包んで流し場まで持っていきます。特に新盆の家では新仏の精霊を乗せる船を作り、これを親戚一同で抱えて流し場まで持っていきます。
↑


(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから