平安時代の時刻呼称

↑

時刻名称対照表

9つ 子一刻23:00 子二刻23:30 子三刻 0:00 子四刻 0:30  8つ 丑一刻 1:00 丑二刻 1:30 丑三刻 2:00 丑四刻 2:30  7つ 寅一刻 3:00 寅二刻 3:30 寅三刻 4:00 寅四刻 4:30  6つ 卯一刻 5:00 卯二刻 5:30 卯三刻 6:00 卯四刻 6:30  5つ 辰一刻 7:00 辰二刻 7:30 辰三刻 8:00 辰四刻 8:30  4つ 巳一刻 9:00 巳二刻 9:30 巳三刻10:00 巳四刻10:30  9つ 午一刻11:00 午二刻11:30 午三刻12:00 午四刻12:30  8つ 未一刻13:00 未二刻13:30 未三刻14:00 未四刻14:30  7つ 申一刻15:00 申二刻15:30 申三刻16:00 申四刻16:30  6つ 酉一刻17:00 酉二刻17:30 酉三刻18:00 酉四刻18:30  5つ 戌一刻19:00 戌二刻19:30 戌三刻20:00 戌四刻20:30  4つ 亥一刻21:00 亥二刻21:30 亥三刻22:00 亥四刻22:30 

時と刻

時(とき)は2時間単位、刻(こく)は30分単位で、合わせて「時刻」と呼ばれた。いわゆる「丑三時(うしみつどき)」は午前2時である。一刻を「初刻」、三刻を「正刻」ともいう。午正刻が正午になる。

時報は子・午正刻には太鼓を9つ打ち、丑・未正刻に8つ、寅・申正刻に7つ、卯・酉正刻に6つ、辰・戌正刻に5つ、巳・亥刻に4つ打った(上記の表の左端に書いた数字である)。また各々の一刻には鐘を1つ、二刻には2つ、三刻には3つ、四刻には4つ打った。「おやつ」という言葉はこの太鼓の打数から来ている。元々は太鼓が8つ打たれる午後2時くらいに食べる間食である。

平安時代に時報の太鼓や鐘を打っていたのは陰陽寮の当番の役人だが、万一打ち忘れたり、数を間違ったりすると、厳罰をくらっていた。これが江戸時代になると平安時代の宮中の太鼓に相当するものをお寺の鐘で市中に報せていた。いくつか機械時計などで正確な時刻をキープしている寺があり、そこの寺の鐘が鳴り始めたら、それを聞いた近くの寺も合わせて打ち始め、それを聞いた寺が打ち始める、などという、おおらかな時代だった。

機械式和時計の時報の数も昔はこの太鼓や鐘の数と同じ方式で12時に9つ、2時に8つ、4時に7つと打っていたらしい。

定時法と不定時報

日本の時刻制度は室町時代以降は不定時報といって、日出を6:00(卯正刻)、日入を18:00(酉三刻)として、各々の間を等分する方式で行われていたことが知られているが、平安時代は定時法であったという見解を持つ人が多いようである。しかし本当に当時、1日を正確に12等分する定時法だったのか、それとも室町以降同様の不定時報だったかについては議論の余地がある。平安時代の文献には不定時報を刻む水時計の製法が記載されたものもあるらしい。
(C)copyright ffortune.net 1995-2019 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから