Sakura

↑
さくら、さくら、さくら。 春です。もうすぐ桜が咲き始めます。野に出てお花見をしましょう。
その昔「花」と言えば桜のことでした。紀友則は「久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」と歌いました。この「花」は桜です。小野小町「花の色は移りにけりないたづらに、わが身世に降るながめせしまに」。これも桜の色の移り行く様に世の無常を歌っています。

源氏物語第8帖「花宴(はなのえん)」では南殿で華やかな桜の宴が開かれた夜、源氏は弘徽殿の細殿で朧月夜尚侍(おぼろづきよのないし)と出会います。末摘花・紅葉賀に続く帖で、物語は波乱の種を撒きながらも静かに艶やかに進行していきます。
 
『憂き身世にやがて消えなば尋ねても草の原をば訪はじとや思ふ』
『いづれぞと露の宿りを分かん間に小笹が原に風もこそ吹け』
 
源氏もいいようにあしらわれています。朧月夜も知的なゲームを楽しむかのよう。


その昔、「花結び」という遊びがありました。花の名前のくじをひいて、それを題にした歌を即興で詠むというものです。平安の姫君たちはこういう優雅な遊び方を好みました。
 


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから