仏檀の日(3.27)

↑

仏檀の日(3.27)

3月27日は仏檀の日です。

これは天武天皇14年(685)3月27日に詔があり「諸国の家ごとに仏舎を作り、仏像と経典を置いて礼拝供養せよ」とあったのにちなんだもので、全日本宗教用具協同組合が制定しました。

この天武天皇14年は天皇が亡くなる前年にあたります。この年はこの詔のほか、山田寺の丈六の十一面観音像の開眼もあり、初めて宮中に僧侶を入れて安居をし、また更に伊勢神宮の式念遷宮を定めるなど宗教的な政策の多い年のようです。今につながる天台宗総本山三井寺が出来たのもこの翌年です。

さて、「ぶつだん」に仏壇と仏檀があることをご存じでしょうか?

基本的にはお寺の大きな仏像が乗った壇のことを仏壇といい、檀家が家の中に祭るものを仏檀といいます。こちらは「京仏檀」などといった形で使用されています。ところが音が同じであるためにこれが近年混同されてしまい、中には「仏壇仏具店」と書くお店なども増えてきています。電話帳でみると仏壇店・仏檀店の両方が入り乱れているようです。

しかし家の中に仏壇が存在したら、本当はそれは余程大きな家ということになります。また宗派によっては「仏壇に位牌を置いてはいけない」と言うのですが、これは仏壇というのは仏像を置くためのものなのですから、位牌を置いていいはずがありません。位牌を置くのは本来、仏檀のほうなのです。

とはいっても大抵の国語辞典には「仏檀」の字がのっておらず、今私が使っているATOK13にも「ぶつだん」は「仏壇」しか登録されていません。この誤用はこのまま定着してしまうかも知れません。


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから