パンダの日(3.11)

↑

パンダの日(3.11)

1896年3月11日、フランス人宣教師Armand Davidが中国奥地で白と黒の模様の熊のような毛皮を現地の人が持っているのを見ました。これが西洋人がパンダ(ジャイアント・パンダ)のことを知った最初でした。

さて「パンダ」と呼ばれる動物にはおなじみ白黒模様のジャイアント・パンダと小さなアライグマのようなレッサ・パンダがいます。実はそちらの方が古くから広く知られていて、以前はそちらを単純に「パンダ」と呼んでいました。

この「パンダ」というのはネパールの言葉で「竹を食べる者」という意味なのだそうですが、中国のこの白黒模様の「大熊猫」も竹を食べることからやはりパンダと呼ばれるようになり、やがて両者が紛らわしいということでレッサ・パンダ(小さいパンダ)、ジャイアント・パンダ(大きいパンダ)と呼び分けるようになりました。

レッサ・パンダは見るからにアライグマの仲間という感じで、実際にそこに分類されているのですが、実はジャイアント・パンダに関しては、熊の仲間という説とアライグマの仲間という説が最近まで対立していました。しかし様々な研究の結果、現在では熊の仲間(に近い)という説の方が有力になっているようです。熊はだいたい肉食なのですがパンダの場合は竹や笹などを主食としていています(動物も昆虫やネズミ程度なら食べることもあるらしい)。しかし元々が肉食獣の系統であるため、草食では充分な栄養を取れずそこで、カロリー消費を押さえるのに、パンダはいつも寝ている。。。。。という説も聞いたことがあります。

パンダは現在、絶滅危惧種に指定されており、全体で千頭程度しかいないとされています。日本の動物園などに来ているパンダはその中の実に貴重な数頭なわけです。パンダの絶対数が少ないひとつの原因はその妊娠しにくさにあるとも言われ、特に動物園で飼われている個体の場合は(他の動物でもそういう傾向が出やすいのですが)繁殖そのものを覚えようとしないことがあるため、中国でも日本でも人工授精がしばしば行われています。


(2004-03-11)

↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから