ランドセルの日(3.21)

↑

ランドセルの日(3.21)

3月21日は、3+2+1=6 で小学校の修業年限になるのでランドセルの日だそうです。

ランドセルは幕末〜明治初期の軍隊の「背嚢(はいのう)」に由来します。軍に西洋式が導入された時に、背中に様々なものをいれて背負う袋も同時に輸入され、これをオランダ語で ransel といったため、このランセルがなまって、ランドセルになりました。ranselは英語でいえば knapsack(ナップサック)又はbackpack(バックパック)に相当します。

当初はまさに現代のナップサックのような形だったそうですが、明治20年(1887)に皇太子嘉仁親王(後の大正天皇,1879年生)が学習院に入学したのを記念に、伊藤博文が皇太子に贈ったランドセルが箱形のものであったため、以降この形が流行して、現代に至っています。

現在ランドセルの主たる素材は牛皮かクラリーノなどの人工皮革です。しばしば天然皮革のものが値段も高いですし「高級品」と思われて、お金の余裕がある「じじばば」から贈られる場合もありますが、実際には天然皮革は重いので、体力のない小学1年生にはきついものがあります。やはり軽い人工皮革のもののほうが、本人にとってはありがたいでしょう。


(2004-03-21)

↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから