珊瑚の日(3.5)

↑

珊瑚の日(3.5)

3月5日は「珊瑚の日」です。ここは3日が「耳の日」、4日が「サッシの日」と語呂合わせが続いています。今日は珊瑚のことなど話してみましょう。

■珊瑚は動物

珊瑚は動物です(^_^)

植物でも鉱物でもありません。このことが分かったのは実は18世紀頃のことです。種類としては腔腸動物・花虫類に属しています。花虫類には他にイソギンチャクなどがいます。腔腸動物には他にヒトデなどがいます。

この種類の動物は体が袋状になっています(人間は管状ですね^^)。口はありますが肛門はありませんので、餌を食べたカスは口から排出します。口のまわりに数本の腕があってそれでプランクトンをつかまえています。珊瑚はこの珊瑚の個体(ポリプ)がたくさん集まり互いに体が融合してできた共同生命体です。死んだ個体も骨だけは珊瑚に遺して行きますので、大きな珊瑚は1000年以上の時間を掛け、何世代にもわたり何億もの個体が作り上げてきた遺産です。

珊瑚は宝飾等に加工できる硬い八放珊瑚と、珊瑚礁を作る柔らかい六放珊瑚に分類されます。

これは珊瑚の個体(ポリプ)が8本の腕を持っているか、6本の腕を持っているかの違いです。珊瑚礁を作るのは六放珊瑚の中でも主として石珊瑚の仲間ですが、これは柔らかくて簡単にボロっと壊れてしまいます。ですから珊瑚製品には珊瑚礁の珊瑚は一切使われていません

なおかつては四放珊瑚といって腕が4本のサンゴもいたのですが、6億年ほど前に絶滅しました。

■珊瑚礁(coral reef)について

珊瑚礁はイシサンゴ目の珊瑚とその遺骸とでできる海の巨大構築物です。

これができる地域は主として南北回帰線の間の暖かい海で、カリブ海・紅海・インド洋&東太平洋が三大産地ですが、特にインド洋&東太平洋のものは、南はポリネシアから、北は日本の紀伊半島付近の広大な地域に切れ目無く分布しています。

中学か高校の理科の時間に出てきたお話だと思いますが、珊瑚礁には環礁・裾礁・堡礁の区別があります。これを図解しましょう(^_^)

(等幅のフォントで見てください)

      / ̄\      最初にできるのが裾礁(きょしょう)です。__/   \__   珊瑚は浅い暖かい海でしか育つことができ■■/     \■■  ませんから、最初はこのように島の海岸に■/       \■  そって発達します。/         \  

  ____/ ̄\____  次の段階のものが堡礁(ほしょう)です。■■ /   \ ■■  裾礁の段階から島が沈降したことによりこ■■/     \■■  の状態に移行します。島が沈降しても珊瑚■/       \■  は浅い海を求めて上へと伸びます。結果島/         \  との間に距離ができてします、この間の海のことを礁湖といいます。___________  ■■       ■■  最後の段階のものが環礁(かんしょう)で■■  / ̄\  ■■  す。堡礁の段階から更に島が沈降して本島■■ /   \ ■■  は海の下に隠れてしまい、珊瑚礁だけが水■■/     \■■  面付近に残った状態です。珊瑚も生き延び■/       \■  ようと必死でここまで伸びて来た訳です。/         \  島ももちろんゆっくり沈降するのですが、珊瑚は1cm成長するのに30年かかるといいますから大変な苦労ですね。ポリネシアには非常に多いです。日本の最南端の沖鳥島などもこの環礁です。なお、環礁という訳ではないですが、国内で珊瑚礁でできている島としては日本最東端の南鳥島(東京都。気象観測所もある^^)や沖縄のリゾート施設で有名な波照間島などがあります。

■珊瑚礁の破壊

珊瑚礁を破壊する生物としてはオニヒトデが有名ですが、最近はレイシガイ(正確にはヒメシロレイシガイダマシ)による被害も相次いでいます。このレイシガイは最初の頃は沖縄の海で暴れ回っていたのですが、黒潮にのって最近は四国付近・紀伊半島付近にまでやってきて珊瑚を食っているようです。

このような珊瑚の天敵が異状繁殖している背景には海の高栄養化があります。人間の生活排水や、河川近くの土地開発などで出た赤土などが海に流れ込み海の中の栄養が高くなってオニヒトデなどの繁殖を起こしているとされます。ですから、要するに珊瑚礁を一番破壊しているのは結局人間のようです。

■本珊瑚の種類

サンゴの加工業者は八放珊瑚のことを「本珊瑚」と呼びます。これにしか用は無いということでしょう。この本珊瑚には次のような種類があります。

 赤珊瑚 高知県・小笠原・鳥島などで取れます。血赤とも呼ばれるほど濃い赤をしており、本珊瑚の中でも最高の品質のものです。当然お値段も高価。珊瑚の中心に管のような穴があいているのが特徴です。あまり大きくは成長しません。

 紅珊瑚 地中海に生息しています。これも小さな珊瑚で大きなものでも30cm程度にしかなりません。均一な色を示すのでネックレスに使われます。

 桃色珊瑚 南シナ海・沖縄・奄美付近で取れます。大きな珊瑚になりますので、彫刻などに使われます。中心部に白く斑のように色が抜けた部分があるのが特徴です。

 深海珊瑚 赤ボケとも呼ばれます。ミッドウェイ島付近の深海(800-1500m)で取れます。小さな赤い珊瑚で、現在国内で最も流通している珊瑚だそうです。

 白珊瑚 純白の珊瑚です。少しピンクがかったものもあります。ミッドウェイ島でも浅い海(300-400m)ではこの白珊瑚が取れます。数が多いのでお値段も安いようです。

 ボケ珊瑚 エンジェルスキンと呼ばれる薄いピンクの珊瑚です。赤珊瑚よりも産出量が少ないため非常に高価なものになっています。

■珊瑚の歌

珊瑚に関する歌といいますと、松田聖子の出世作「青い珊瑚礁」(1980)や、城みちる!の「珊瑚礁の娘」などというのがあります。「およげタイヤキくん」でも桃色サンゴが出てきていましたね(^_^)


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから