百人一首の日(5.27)

↑

5月27日は「百人一首の日」です。

これは藤原定家の『明月記』の文暦2年(1235)5月27日の項に、定家が親友の宇都宮入道蓮生(頼綱)の求めにより和歌百首を書写し、これが嵯峨の小倉山荘(嵯峨中院山荘)の障子に貼られたとあって、これが百人一首の初出ではないかと考えられたことによります。

『予本自不知書文字事。嵯峨中院障子色紙形、故予可書由彼入道懇切。雖極見苦事憖染筆送之。古来人歌各一首、自天智天皇以来及家隆雅経。』

さて、明月記の文章は読みようによっては、選んだのは「彼の入道」つまり頼綱であって定家は単に書いただけとも読めます。しかし現在の定説としては、やはり百人一首を選んだのは定家本人であり、この記事より少し前に選定が終わっていたと考えられています。この件に関して詳しいことは「百人一首」(島津忠夫訳注・角川文庫ソフィア)の巻末解説をごらんください。諸説が整理されています。

藤原定家(1162-1241)は新古今和歌集の撰者として知られていますが、必ずしもこの和歌集に満足しておらず、改めて百人の歌人の歌を一首ずつ選ぶというこの「百人一首」を編集したとも言われています。この新古今和歌集に関わった人でもう一人後鳥羽上皇も、やはりこの和歌集に満足しておらず後に改訂版を作成しています。

 秋の田のかりほの庵のとまを荒みわが衣手は露に濡れつつ
 足引きの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかもねん
 花の色は移りにけりな徒らに我が身よにふるながめせしまに
 千早振る神代も聞かず龍田川唐紅に水くぐるとは
 恋すてふ我名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか
 瀬を速み岩にせかるる滝川の割れても末に逢はんとぞ思ふ

さすがにいい歌の揃った歌集です。

百人一首といえば、現代では「かるた」というイメージがあるのですが、百人一首のかるたが作られたのは17世紀初頭と考えられます。

戦国末期から安土桃山時代にかけて、西洋から現在のトランプやタロットの原型のようなカード(カルタ)が入ってきました。これに刺激を受けて国内でもいろいろなカルタが製作され、最も古い物では、元和年間(1615-1624)頃に作られた百人一首カルタが現存しています。カルタが登場する以前は、百人一首は歌仙絵などの形で鑑賞されていました。

カルタの発達については、上記「百人一首」の解説や、「日本のかるた」(濱口博章・山口格太郎著/保育社カラーブックス)の巻末解説をごらんください。

 

(1999-05-26)


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから