食堂車の日(5.25)

↑

食堂車の日(5.25)

5月25日は「食堂車の日」です。これは1899年5月25日に山陽鉄道(現・西日本旅客鉄道の山陽本線)に食堂付き一等車がお目見えしたのを記念するものです。

山陽鉄道は神戸から下関に至る鉄道幹線を敷設したいという政府の意向を受けて、関西の財界人が中心になり1888年設立された鉄道会社で、神戸側から工事を始め、全線開通は1901年になります。この間、この会社は色々と新しい試みを行っており、1896年赤帽を配置、1898年列車にボーイを乗務させ、1899年食堂車を開始、1900年には寝台車を始めています。

(その後この会社は1907年鉄道国有法により国鉄に吸収され、1987年のJR発足でJR西日本の所属となります。)

食堂車はかつては鉄道での旅の中で重要な地位を占めていました。私が子供の頃は、汽車で長旅をするというと、食堂車に行くのが楽しみで仕方なかったものです。しかし、昭和50年代頃以降は、食事時に混み合う食堂車よりも駅弁で済ませる人が多くなったこと、列車の速度が上がって乗車中に食事をする必要性が減少したこと、などを原因として食堂車はさびれていき、現在食堂車を連結しているのは、グランドひかり・北斗星・トワイライトエクスプレスの3つのみです。(一部のこだまにも連結されているが営業しない)

私ももう2年ほど食堂車を利用していないような気がしますが、これを書いていて、次にグランドひかりに乗った時にでも、行ってみたい気がしてきました。

(1999-05-24)


※註2000.5.25食堂車は新幹線も含めてこの春に全て廃止になってしまいました。のんびりした旅ってもうできないんでしょうかね。


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから