熱田神宮踏歌神事(1.11)

↑

熱田神宮踏歌神事(1.11)

毎年1月11日には、名古屋の熱田神宮で、古式ゆかしき「踏歌神事」が行われます。(例年ですと多分10時から本宮、13時から別宮ではないかと)

奉仕者は、詩頭1人、舞人4人、陪従5人、笛役1人、雁使1人で構成されます。祝詞奏上のあと、万春楽が歌われ、その後舞人と陪従が卯杖の舞、扇の舞などを行います。使用される鼓の音から、その年の豊凶が占われます。

この儀式は中国で生まれたもので、平安時代には宮中でしばしば行われていたとのことです。それがいつか他の所でも行われるようになり、ここ熱田神宮に残っているのでしょう。熱田神宮では別名「あらればしり」あるいは「オベロベロ祭」とも呼んでいます。

熱田神宮の他では、大阪の住吉大社(1月4日)にもあります。


(2002-01-10)

↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから