八十八夜(5.2頃)

↑

今年(2001年)は5月2日が八十八夜(はちじゅうはちや)です。実は1985年から2020年までは立春がずっと2月4日なので、それまではずっと5月2日が八十八夜になります。立春の日程表はこちらにあります。

八十八夜というのは立春から数えて八十八日たったということで、文部省唱歌にも歌われていますように茶摘みのシーズンとなります。もっとも現代では実際には茶摘みは早いものは4月の頭ころからもう摘んでいます。

八十八夜はまた突然遅霜が来たりする季節でもあります。もう随分あたたかくなってきているので油断していると遅霜にやられます。農業というものは自然に対してひとときも気を抜くことができません。(むろん北海道では5月半ばまで雪が降りますが)


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから