水無神社どぶろく祭(5.1-5.2)

↑

毎年5月1〜2日に岐阜県宮村の水無神社(みなし神社)の例祭が行われます。

この祭は1日が試楽祭、2日が本楽祭で、本楽祭では行列が行われ、舞が奉納されて、参拝者にどぶろくがふるまわれます。そのためこのお祭りを別名「春のどぶろく祭り」ともいいます。

水無神社は古代の天皇の即位の儀式と関連の深い聖地・位山(くらいやま)を事実上の御神体とする重要な神社であり、飛騨一宮になっています。この所在地「宮村」という名前もこの神社から来たものです。埼玉の大宮市などと同じ原理ですね。

なお、この神社は近年では「夜明け前」を書いた島崎藤村の父島崎正樹が神官を務めていたことでも知られます。


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから