七尾青柏祭(5.3-5)

↑

七尾青柏祭(5.3-5)

5月3日から5日まで、能登半島七尾市では日本最大級の曳き山で知られる青柏祭(せいはくさい−国重要無形民俗文化財)が行われます。(2日も一部行事が行われます)

青柏祭は、大地主神社(山王神社)の春祭りです。

祭の主役は巨大なことから「でか山」と呼ばれている曳き山。市内の鍛冶町・魚町・府中町の3ヶ所に伝わるもので、高さ12m超、車輪の直径は2m、重さ20トン以上で、大きさ2mほどの人形を飾り付けて、歌舞伎の名場面などを再現します。この巨大な曳き山が七尾市内を巡行します。

今年のお題は鍛冶町−七尾城評定の場、府中町−奥州安達ケ原三段目、魚町−連獅子信長出陣の場です。鍛冶町では今年は140振りに車輪を新調しました。また府中町では初めて曳き手を女性にも解放します。

人形の配置は時間帯によっても変わります。運行は3日の夜から5日深夜まで。途中4日の昼には大地主神社、5日午後2時には御祓川の仙対橋に3台の曳き山が集合します。見に行かれる方は、これを狙うのもよいでしょう。

(1999-05-03)


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから