土用の丑(7月下旬)

↑

土用の丑(7月下旬)

1999年の土用の丑は7月24日と8月5日です。この日は全国どこでもうなぎのかばやきの匂いが満ちあふれ、恐らく1000万匹近いうなぎが全国で昇天するのではないでしょうか。

(註.2000年は7月30日、2001年は7月25日と8月6日、2002年は7月20日と8月1日)

土用というのは五行思想で1年を木火土金水の5要素に対応させた時、土に対応する期間のことをいいます。「土を用いる」という訳です。この対応は木は春、火は夏、金は秋、水は冬に対応していますが、土は4分割されて、各季節の間に18日ずつ置かれますので、土用は実は年4回あります。しかし一般に「土用」というと夏の土用が有名で、その土用は18日間ありますのでその中に必ず1回は丑の日がめぐってきます。これが「土用の丑」の日です。(18日間に対して12支が適用されるので約2年に1度 土用の丑2回の年が来る)

土用の丑の日にうなぎを食べるというのは、江戸時代の発明家、平賀玄内がうなぎ屋の宣伝のために考案したもので「うなぎ」も「うし」も「う」で始まるからという、単純な理由によるものです。しかし、この時期は梅雨が終わって本格的な暑さが始まり、体力も消耗しがちなので、こういう時に栄養満点のうなぎを食べるというのは、実際にも十分理にかなったものです。

もちろん、考案者の平賀玄内先生の頭の中ではいくつかのシノプスかつながっていたはずです。

・十二支の丑も五行では土なので、土用の丑の日は特に土気が強まる。そこ で、木気に割り当てられるうなぎで中和させる。(木剋土)

・夏の土用は火生土で生み出された土だから乾燥しているので、湿った土で ある丑で中和させる。丑の応援に同じ「う」のつくものでうなぎを食べる。

(1999-07-23)


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから