博多山笠(7.1-7.15)

↑

博多山笠(7.1-7.15)

博多祇園山笠は6月から準備が始まり、7月1日の飾り山公開で一般の人の目にも触れるところとなります。その後の主な行事は

  9日 お汐井取り  箱崎浜で各流れのかき手が清めの砂を採り体に掛ける10日 流れがき   町内をかき山が走り回る11日 他流れがき  他の町内まで行く12日 追い山慣らし 追い山のリハーサル13日 集団山見せ  かき山が博多の町から福岡の町まで来て市役所前に集結。15日 追い山    櫛田神社を出発した各かき山が博多の町を競走して走る。

現在、博多の山笠は、飾るだけで動かない飾り山と、装飾がシンプルで走るかき山とに分かれています。もとは一つだったのですが、明治時代に電線が張られるようになって、大きな飾り山でそのまま町中を走ることができなくなってしまったために、このような形になりました。

追い山はひとつの山笠がギリギリで通れるような非常に狭い道を走り抜けて行くので同時スタートではなく時間差スタートしてタイムを競う形になっています。スタートは基本的には早朝5時なのですが、実際には最初にスタートする一番山笠は4時59分にスタートします。これはこの一番山笠が櫛田神社の中で、博多祝い歌を歌うことになっているので、その分の1分が引かれている為です。その後は5時5分、10分、15分、と5分おきにスタートします。そして最後に一つだけ、櫛田神社のすぐそばの上川端町の飾り山笠だけが特例で櫛田神社の境内のみを走ります。現在唯一の「走る飾り山」です。

山笠が始まったのは仁治2年(1241)とされています。この年はやっていた疫病を鎮めるため、承天寺の聖一国師という人が施餓鬼棚にのって市内を回ったとされ、これが山笠の起源ということになっています。このため追い山のコースはわざわざこの承天寺の前まで行ってから博多の町を走り始めるようになっています。

なお、博多というのは福岡市の那珂川から東側の地区のことで、古くから商人の町として栄えました。この博多と黒田52万石の城下町福岡とが合併して福岡市が作られたのです。この時両者で新しい市の名前についてもめた末、市の名前は福岡にするが国鉄の駅の名前は博多にすることで合意しました。

櫛田神社はこの博多の総鎮守。御祭神は大幡主神。元々は伊勢国の櫛田にある櫛田神社から勧請されてきたもので、大幡主神というのはちょっと複雑な神様なのですが、地元では一般に櫛田姫のことと考えられていて、櫛田姫の夫の須佐之男命も相殿に祭られています。

古事記の須佐之男命が櫛田姫を八俣大蛇(やまたのおろち)から救った神話は有名ですが、須佐之男命は通常牛頭天王と同一視されています。牛頭天王は祇園社(八坂神社)の御祭神で、一般に疫病を管理するものとされています。恐らくは須佐之男命は本来はそのためにここに祭られたのではないかと推測されます。しかしどこかで櫛田社−櫛田姫の連想があったものと思われます。

この山笠の期間中、山笠の世話をする人たちにとっては山笠の法被が正装ということになります。そこでこの期間この人たちは堂々とこの姿で会社に行き、また商談などにも法被姿で出かけます。

(2000.6.29加筆修正)


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから