アエノコト(12.04-05)

↑

アエノコト(12.04-05)

12月4〜5日頃、石川県の奥能登地方で『アエノコト』が行われます。(国指定重要無形文化財)

これはその年の田の神を各家庭に迎える行事で、2〜3月には今度は田の神を送り出すアエノコトが行われます。

神を迎えるアエノコトでは、家人が正装して玄関から神を迎え入れ、居間に案内して「ごゆっくりお召し上がりください」と食事をごちそうし、風呂に案内して入浴させ、その年の居場所となる奥座敷へと案内します。

そして神を送り出すアエノコトでは神様にお食事を差し上げたあと、「お出掛けでございます」と神を苗代に案内して、鍬を入れ豊作を祈ります。

神を迎えるという点では男鹿半島のなまはげとも似ていますが、男鹿半島のなまはげが形が見えるのに対して、アエノコトの神様は目に見えぬ神です。なお、「アエノコト」の「アエ」は「饗」であり、「コト」は祭りの意味であるとされます。

※アエノコトの日程(変更があるかも知れません) 12.04 門前町12.05 柳田村,珠洲市,輪島市,能都町

※関連情報→新嘗祭


return Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから