クリスマスイブ(12.24)

↑

クリスマスイブ(12.24)

12月24日はクリスマスイブです。

クリスマスに関して詳しいことはクリスマス特集をご覧下さい。

本来12月25日がクリスマスで、24日はその前夜祭であるわけですが、日本では24日にみんなで大騒ぎして25日以降はもうクリスマス気分は消えてお正月の準備にまっしぐら、という雰囲気があります。

元々外国のお祭りを借用しているだけなので、お祭り自体の意義はみなあまり気にしていないのでしょう。万聖節なども11月1日の万聖節自体はそもそもその存在自体をみな知らずに前夜祭のハロウィンだけ騒いだりしていますので、日本人はそういうのが多分好きなのでしょう。

基本的にはクリスマスはキリストの誕生日ということになってはいるのですが、本当にキリストがこの日に生まれたのかというのには疑問が多く、実際にはこのお祭りはヨーロッパで昔から行われていた冬至祭を、キリスト教徒にとって光に等しいような存在であるキリストの誕生を祝うのにふさわしい日として取り込まれたもののようです。そのためキリスト教の祭典の中でも異教色の強い祭りのひとつであり、中世には町によっては教会がクリスマス禁止令やサンタクロースの火刑(実際にはサンタクロースの人形を町の広場で焼いた)などの指令を出したようなケースもありました。しかし今日ではおおむね多くのキリスト教徒に受け入れられているようです。なおキリスト教徒にとっての最大のお祭りはイースターです。

日本ではクリスマスツリーは、12月の上旬あるいは中旬くらいから飾り始め、24日のイブが終わったら撤去ですが、ヨーロッパなどの風習では24日のイブにツリーを準備して飾り付け、2月2日のキャンドルマスで片付けるというのが基本のようです。ただどこも慌ただしい時代になっているので最近ではキャンドルマスまで飾っておく家庭は少なく、「十二夜」が終わる1月6日の公現節で片付けてしまうところが多いそうです。

(2005-12-24 01:00)


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから