稽古初め・書き初め

↑

 

1月2日は各種のお稽古事を始める日でもあります。これはそれぞれの分野ごとに言葉を使い分けます。

  弾き初め・・・・琵琶・三味線・琴・鍵盤楽器
  吹き初め・・・・笛・尺八・管楽器
  舞い初め・・・・舞踊・ダンス?・バレエ?
  打ち初め・・・・太鼓・鼓・球技?
  謡い初め・・・・謡曲
  生け初め・・・・華道
  初釜・・・・・・茶道
  初句会・・・・・俳句
  はじき初め・・・そろばん
  寒稽古・・・・・武道
  書き初め・・・・書道
 
特に古式泳法の寒稽古はどこかのをテレビで毎年報道されていますね(^_^) また、そろぱんのはじき初めも、振り袖姿のお嬢さんたちがきれいにそろばんをはじく様子がやはりテレビで報道されます。

書き初めはもともとはけいこ初めであり、また実は仕事初めでもあったのですが、現代では稽古はじめとしての要素が強くなりました。これは書道をしていない人でもお正月のすがすがしい気分の中で墨をすり、半紙に筆でなにか言葉を書くというのもまたよいものでしょう。

古くは書き初めした紙は小正月に正月の松飾りを焼く火にくべて燃やし、その火が高く上がれば字もうまくなるといわれましたが最近の左義長は風情がなくなり、こういうこともできなくなりました。


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから