はまち

↑

 

お正月に欠かせない魚として、はまち(ぶり−鰤)があります。

はまちは、いわゆる出世魚で、東京ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ、大阪ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリ、と成長するに従って名前が変わっていきます(その他地方によって名前の変わり方は違うもよう)。そのため、うちも出世できますように、という祈りをこめてお正月には、はまちを食べます。

このはまち/ぶりはちょうど冬から春にかけて、もっとも脂がのっておいしい季節です。食卓にのぼるのは多くは養殖もの。しばしば1匹まるごと買ってきて、刺身、焼き魚、照り焼き、などなどにして食べる家庭もあるようです。

長崎県の佐世保では、毎年年末にはまちの養殖をしているところに、お正月用のはまちを買い求める人が長い列を作っています。昔は佐世保名物の朝市で買う人が多かったのですが、近年では自家用車の普及で、養殖業者の所に直接買いに行く人が増えました。佐世保ではかなり巨大な物も「はまち」と呼んでいました。

能登半島ではこの時期のぶりを特に寒鰤(かんぶり)と呼び、遠くから食べに来る人もあり、氷見・和倉温泉・輪島・宇出津などへの寒鰤ツアーもあるようです。氷見のものが最も有名なので「氷見の寒鰤」が都会にも流通していますが、実際には、氷見以外の佐々波・宇出津などで水揚げされたものも「氷見の寒鰤」の名前で出回っているようです。なお、能登半島では、半島内の地域によっても若干揺れがありますが、コゾクラ→フクラギ→ガント→ブリ、というふうに出世します。同じくらいの量入った刺身が、フクラギだとブリの半値以下です。脂の多いのが苦手という人は、逆にこちらがヘルシーでかつ安価で良いです。


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから