桃太郎

↑

昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。

ある日、おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に出かけました。

すると川の上の方から、大きな桃が流れて来ました。おばあさんは喜んでその桃を拾い上げると、家に持ち帰りました。そしておじいさんが帰ると二人で桃を切って食べようとしました。

すると桃の中から「おじいさん、おばあさん、待って下さい」という声がして自然に桃が割れ、中から小さな男の子が飛び出してきました。

二人はこの子を育てることにし、桃の中から生まれたので、「桃太郎」と名付けました。


やがて、桃太郎が大きくなった頃、村には鬼が出て人々を困らせていました。すると桃太郎が「おじいさん、おばあさん、私は鬼を退治しようと思います。鬼の住んでいる鬼ヶ島まで行って退治してきますので、お弁当にキビダンゴを作ってくれませんか?」と言いました。

おじいさんとおばあさんは驚いて止めましたが、桃太郎の気持ちは変わりませんでした。そこで桃太郎の言うとおり、キビダンゴを作って持たせてあげました。


桃太郎が鬼ヶ島への道を歩いていると、犬が一匹やってきて、桃太郎に言いました。

「桃太郎さん、お腰につけたキビダンゴ、ひとつ私に下さいな」

すると桃太郎は答えました。

「あげてもいいが、私は今から鬼の征伐に行くところだ。付いてくるならあげよう」

すると犬は「鬼の征伐ですね。いきましょう、いきましょう」

と言って、桃太郎の家来になって付いていくことにし、キビダンゴをもらいました。


桃太郎が犬を連れて鬼ヶ島への道を歩いていると、猿(さる)が一匹やってきて、桃太郎に言いました。

「桃太郎さん、お腰につけたキビダンゴ、ひとつ私に下さいな」

すると桃太郎は答えました。

「あげてもいいが、私は今から鬼の征伐に行くところだ。付いてくるならあげよう」

すると猿は「鬼の征伐ですね。いきましょう、いきましょう」

と言って、桃太郎の家来になって付いていくことにし、キビダンゴをもらいました。


桃太郎が犬と猿を連れて鬼ヶ島への道を歩いていると、雉(きじ)が一羽やってきて、桃太郎に言いました。

「桃太郎さん、お腰につけたキビダンゴ、ひとつ私に下さいな」

すると桃太郎は答えました。

「あげてもいいが、私は今から鬼の征伐に行くところだ。付いてくるならあげよう」

すると雉は「鬼の征伐ですね。いきましょう、いきましょう」

と言って、桃太郎の家来になって付いていくことにし、キビダンゴをもらいました。


桃太郎は犬と猿と雉を連れて鬼ヶ島に乗り込みました。

まず雉が空から鬼の城の門の中に入り、かんぬきをあけました。

そこへ桃太郎・犬・猿が飛び込みました。

鬼も抵抗しましたが、4人もがんばりました。

犬が鬼に噛みつきます。

猿が鬼をひっかきます。

雉が鬼をつっつこます。

そして桃太郎は剣で戦って、とうとう鬼の大将を降参させてしまいました。

鬼は今まで村々から奪った宝物を桃太郎たちに差しだし、もう二度と乱暴を働かないと誓いました。


桃太郎たちはもらった宝を荷車につみ、村に持ち帰ってみんなで分けて、仲良く暮らしました。

↑


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから