十三夜

↑


もう一つの名月

さて、名月というと陰暦8月15日の「十五夜」が最も有名なのですが、日本では古来もうひとつ陰暦9月13日の「十三夜」もまた美しい月であるとして重んじました。吉田兼好の「徒然草」にも

 八月十五日、九月十三日は婁宿なり。この宿、清明なる故に、月を翫ぶに良夜とす。

とあります。この月は「のちの月」「女名月」などとも呼ばれ、八月十五夜の月だけを見て九月十三夜の月を見ないのは「片見月」といい、よくないことであるとされました。今年(2000年)は新暦10月10日にあたります。

八月十五夜には芋を供えるので「芋名月」とも呼ばれますが、こちらは豆や栗を供えるので「豆名月」「栗名月」などとも呼ばれます。宮中では宇多天皇の御代に初めて行われたとされます。民間ではこの時期も収穫祭が行われます。

↑


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから