月の名前

↑
月の名前

月の名前

日本人は古来月をめで、いろいろな名前で呼んで来ました。

新月しんげつこれは月が見えてません。何もない状態が新月です。古来は月が初めて見えるようになった日、つまり二日月くらいの状態を新月と呼んでいたようですが、暦の発達とともに、月が見えなくなった日と見え始めた日の中間の全く見えてない状態を新月と呼ぶようになりました。天文学上は朔(さく)と呼びます。
三日月みかづき一般には新月から2〜3日たった細い月のことを言います。眉月、蛾眉、若月、などとも呼ばれました。三日月には独特の霊力が宿るという信仰が古くからあり、戦国時代に尼子家の再興に力を尽くすも果たせなかった山中鹿之介が三日月に向かって「我に艱難辛苦を与え給え」と祈ったという話は有名です。
七日月なのかづき上弦のことです。弦月(ゆみはり)ともいいます。
十三夜月じゅうさんやづき満月の2日前の月で、満月に次いで美しいとされました。特に陰暦9月のものは後の月(のちのつき)、豆名月、などともいいます。
十四日月じゅうよっかづき小望月(こもちづき)ともいい、満月の前日の月です。
十五夜じゅうごや満月、望(ぼう)、望月(もちづき)、ともいいます。月がまんまるくなる日のことです。だいたい旧暦の15日〜16日頃に起きます。言葉遊びで「三五の月」(さんごのつき)という言い方もあります。
十六夜いざよい十五夜の翌日の月です。「いざよい」とは「ためらう」という意味で、満月より少し出るのが遅れるので「月が出るのをためらっている」ということからこの名前が付きました。阿仏尼作の旅日記「いざよひ日記」は、十六日に京都を出発した為、その名があります。
十七夜たちまち「たちまち」は「立ち待ち」。十五夜の2日後の夜の月です。月が出るのを、まだかまだかと立って待っている、ということからこの名があります。
十八夜いまち「いまち」は「居待ち」。十五夜の3日後の夜の月です。月が出るのを、立って待っていたのが疲れてしまい、座って待っていたら出てくる、ということからこの名があります。
十九夜ねまち「ねまち」は「寝待ち」。十五夜の4日後の夜の月です。月が出るのを、座って待っていても出てこないので、とうとう寝て待っていたらやっと出てくる、ということからこの名があります。臥待ち(ふしまち)ともいいます。
二十夜ふけまち「ふけまち」は「更け待ち」。もう夜も更けた頃まで待たないと出てこないので、この名があります。また亥の刻の真ん中ころ(つまり22時頃)に出てくるというので「亥中の月」(いなかのつき)ともいいます。
二十三夜にじゅうさんや下弦の月のことです。真夜中になって出てきますが、「二十三夜待ち」といって、わざわざこの月を見るために起きておく、という風習もありました。
二十六夜にじゅうろくや逆向きの三日月のことです。早朝3時頃のぼるのですが、これまで起きているという「二十六夜待ち」もありました。この月が上るところを見ると、その月の中に阿弥陀三尊(阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩)が見えるという伝説がありました。
有明の月ありあけのつき朝になっても残っている月のことです。満月を過ぎた月は有明の月になりますが、特に下弦から二十六夜月あたりまでの月は風情があります。
夕月ゆうづき夕方見える月ですが、一般に月初めの、三日月頃の月を言います。紀貫之の歌に「夕月夜 小倉の山に 鳴く鹿の 声のうちにや 秋は暮るらむ」というのがあります。
二夜の月ふたよのつき陰暦8月15日と9月13日の月をいいます。この二つが一番の名月とされ、この二つの内一方を見るなら必ず他方も見なければならない、とされていました。
雨夜の月あまよのつき存在しても見えないもののことです。
晦日の月みそかのつき「晦日」とは月末のこと。朔の近くですから月は出ません。そこであり得ないもののことをいいます。
昼の月ひるのつき昼間見えている月のことですが、見えてはいても存在感の希薄なもののことをいいます。
幻月 えー、もっと美しい名前があったはずなのですが、その写真を撮ったという新聞の記事の切り抜きが見つかりません(^_^; これは光の屈折の関係で月が3個見える現象です。非常に珍しい現象です。太陽が3個見えるものは幻日といいますから、幻月でも間違っていないのではないかな? と思います(^^;; 新聞に載った写真は三日月が3個並んでいました。。。。と思います(^^;
↑


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから