ディスプレイの色

↑

1987年12月10日 プラスがポケットサイズのワープロ「ワードランナー」発売。
幅64mm,奥行36mm,高さ100mmで19,800円。手書き入力。

1987年12月10日 富士ゼロックスが「目に優しい」黒地に白の高機能ワープロ   815JWP発売。12inch-CRT。40字×20行。198,000円。

少し注釈するとこの頃のワープロの画面は緑色のSTN液晶とか、黒地に緑の CRTが主流でした。コンピュータの画面も多くは黒地に緑でした。それが この頃から、緑より白の方が見やすいという説が出てきて、こういうものが 出てきました。純粋な白よりオフホワイトの方が良さそうということで 「ペーパーホワイト」とかいった色にしていたところもありました。メー カーによっては「緑より赤の方が見やすいらしい」といって、黒地に赤の ものもありました。黒地に黄色のディスプレイもどこかで使った記憶が あります。

 当時は黒地に緑または白のディスプレイが10万円くらい、8色表示できる  カラーディスプレイが40万円くらいしました。

そういった時代、この頃「16色も表示できる」PC9801はすごいマシンでした。
しかもそれに対応したカラーディスプレイは5〜7万円くらいで買えていたよ うに思います。 PC9801は16色表示できるビデオメモリを実は2枚持っている ため、2枚を高速に切り替えて表示することにより擬似的に256色で画像を 表示するソフトというのもありました。これはけっこういい出来でした。


return Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから