夏の車エコ対策

↑
夏に車を利用する時、どうしても冷房でたくさん燃料を使いがちです。それを節約する術について紹介します。これは「ガソリン代節約」(economy)と「温暖化対策」(ecology)の両方に寄与することです。

:窓を開ける

気温次第ではありますが、窓を開けるとけっこう良い風が入ってくる場合もあります。エアコンを掛けるより涼しい場合もあるので、適宜使い分けましょう。ただ真夏の午後などは窓を開けても熱い空気しか入ってきません。そういう時はちゃんとエアコン掛けた方が良いです。暑さでボーっとなって事故など起こしたら大変です。

:水を掛ける

 
車には保守用に水を積んでいる人が多いと思いますが、ペットボトル1本分くらいでも車の屋根に水を掛けると、それだけでも結構違います。焼けた屋根からの放射熱は結構あるので、それを抑えることができます。道の駅のような所なら、水の補給もしておきましょう。

:ドアの開け閉め

駐車場にしばらく駐めていた車に乗る場合、一度ドアの開け閉めをして中の空気を入れ換えると、それだけでかなり違います。基本的には次のような順序でやると良いです。
(1) 運転席のドアを開け、エンジンを掛ける。
(2) 全てのドアを開ける。
(3) 乗り込んで全てのドアを閉じる。
運転手だけという場合でも1度全部のドアを開けてから閉めると、風が通ることで車内の熱せられていた空気が出て行きますし、風が弱い場合でも、ドアを閉めた時の勢いで空気が動いてくれます。ですからドアを閉める時は左右交互に閉めるのが効果的です。
つまり、左前・左後・右後・右前と閉めるより、左前・右後・左後・右前の順の方が空気が入れ替わりやすいです。
上記で、最初にエンジンを掛けているのは、エアコンからも最初は熱い空気が吹き出すので、その空気も車外に追い出すためです。
※治安のあまり良くない地域では危険なので、全部のドアを開けるのはお勧めできません。

:エアコンのフィルター

エアコンのフィルターは消耗品です。古いフィルターを使用しているとかび臭い臭いが車内に充満する場合もありますし、エアコンの効率も悪いです。どうも冷えにくいという場合、フィルター交換で劇的に冷えるようになる場合は結構あります。
古い車でフィルターを交換しても冷えない場合、冷却剤自体が減っている場合もあります。その場合、車屋さんなどに相談して冷却剤の補填も検討してみましょう。

(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから