和菓子の日(6.16)

↑

承和15年(848)6月13日、時の仁明天皇は元号を嘉祥に改めましたが、その時 16日に16個の菓子や餅を神前に供え、疫病除け・健康招福を祈願したとされ ます。これにちなんで全国和菓子協会が1978年に6月16日を「和菓子の日」に 定めました。

16という数字と菓子の結びつきはけっこうあったようで、江戸時代には嘉祥 食いといい、嘉定通宝16枚で菓子を買って食べると厄除招福のごりやくが あるとされていました。

また、農村では昔から「十六団子」といい、3月と11月の16日に、田の神様 に団子を16個供える風習がありました。3月には山の神様が里に降りてきて 田の神様になり、11月には田の神様が山に戻って山の神様になるとされまし た。そこで3月と11月の16日には、移動中の神様に逢わないよう、家の中に 引きこもっていて、団子を供えたのです。この時、供える場所は神棚ではな く家の中で大黒様とか恵比須様を祀っている場所でした。


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから