↑ サビアンについて
[サイン]は天を12分割したものだが、360分割したのがサビアン(sabian)で
ある。当然の結果としてアスペクトを見る以前に、これだけでかなり精密な
性格分析が可能である。これは1925年にアメリカの占星術研究家ジョーンズ
がフィラーという女性と一緒に行ったチャネリングに端を発している。後に
フランスの占星術師[ルディア]が共同研究の形で加わった。日本には
直居あきら氏が紹介した。

  サビアンシンボルの例
    蟹  座20度  ベニスのゴンドラ乗りがセレナーデを歌う
    天秤座12度  坑夫たちが深い坑道から登ってくる
    山羊座09度  ハーブを運ぶ天使
    魚  座29度  プリズムを通った光が多彩な色に分かれる

※サビアンの誕生

    サビアン誕生の様子はルディアの「Astrological Mandala」やジョーンズ
    の「The Sabian Symbols in Astrology」に記載されている。実験は1925年
    に行なわれた。
    
    ジョーンズはフィラーを車に乗せて誰も来ないような田舎の教会に連れて
    行き、真っ白な紙360枚の端に鉛筆で小さく度数を書いておき、フィラーに
    度数の書かれている側とは反対側の完全に真っ白な側を見せて、
    「何が見えるか」尋ねた。フィラーが何かを語ると、ジョーンズは急いで
    その言葉をその紙に書き留めた。

    実験は朝から晩まで休憩と昼食をはさんで4回に分けて1日で行なわれた。
    紙を見せる順序は全くランダムとした。フィラーは車椅子生活者で、
    霊媒体質の女性であったもよう。実験の当時は38歳であった。

↑

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから