←↑→ 易の基礎(1) 世界のイーチン

易(えき)は今や中国由来の東洋占術ではなく、世界の占術です。

西洋では易の元になっている「易経」の中国語読み「イーチン(iching)」が
この占術の名称として通用しています。そこで以下易関連の用語については
できるだけ英語を併記していきたいと思っています。

易は古代中国で生まれましたが、近代になって西洋に紹介され、多くの人に
その思想が注目されました。西洋人は色々な中国思想の中でもこの易(iching)
と道(tao)を特に重視したようです。

解析学の祖の一人であるライプニッツ(1646-1716)は易が二進数で出来ている
ことに注目し、彼の有名なモナド論との兼ね合いで宇宙の構造に関する深い
思索をしたようです。

また分析心理学の祖であるユング(1875-1961)は易の中に潜むシンボリズムが
彼が追求した集合的無意識と関わっていることに気づき、易の各々の卦が一種
の元型ではないかと想像しました。

「マーフィーの黄金律」で有名なジョセフ・マーフィー(1898-1981)は「易の
秘密」という本を書き、聖書に基づく易経解釈という面白い試みをやってくれ
ています。これは以前は翻訳とは名ばかりの改変創作訳版が「マーフィーの
易占い」のタイトルで出ていたのですが、数年前に「マーフィー運命の法則」
のタイトルできちんとした完訳が出たそうです。原書「Secrets of the I Ching」
(Parker Publishing Company)も充分入手しやすいと思います。




(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから