↑ 古代文書について
古事記
和銅5年(712)に完成した。天武天皇の命により稗田阿礼が当時の多くの古文書を
調査分析し、それを大安万侶が文書としてまとめた。上中下3巻に分かれている。

 上巻 神話時代 天御中主神から鵜葺屋葺不合命まで
 中巻 伝説時代 神武天皇から応神天皇まで
 下巻 歴史時代 仁徳天皇から推古天皇まで

日本書紀及び六国史
正式には「日本紀」といい、日本最古の正史。養老4年(720)に完成。編集責任
者は舎人親王。全30巻。古事記が万葉仮名で書かれ、物語としての筋を重視し
ているのに対して、日本書紀は漢文の編年体で書かれ、諸説ある場合はその
全てを収録しており、資料的価値は非常に高い。

  神話〜葛城朝 神代上・神代下・神武天皇・綏靖〜開化天皇
  大和朝廷成立 崇神天皇・垂仁天皇・景行〜成務・仲哀天皇・神功皇后
  大和政権拡大 応神天皇・仁徳天皇・履中〜反正・允恭〜安康・雄略天皇
         清寧〜仁賢・武烈天皇
  国家の鳴動  継体天皇・安閑〜宣化・欽明天皇・敏達天皇・用明〜崇峻
  政治体制成立 推古天皇・舒明天皇・皇極天皇・孝徳天皇・斉明天皇・
         天智天皇
  律令制度へ  天武天皇上・天武天皇下・持統天皇

なお、日本書紀の続編として、続日本紀・日本後紀・続日本後紀・日本文徳
天皇実録・日本三代実録が編纂されており、日本書紀からここまでの6冊を
あわせて六国史という。

  日本書紀(720)  神代〜持統天皇
  続日本紀(797)  文武天皇〜桓武天皇
  日本後紀(840)  桓武天皇〜淳和天皇
  続日本後紀(869) 仁明天皇
  文徳実録(879)  文徳天皇
  三代実録(901)  清和天皇〜光孝天皇

風土記
和銅六年(713)に編纂の命が下り、各国において編集作業が始まったが、各国
の編集能力にあまりにも差がありすぎ、また編集方針もバラバラであった為、
全体をひとつの史書として刊行するのは断念されたともいう。

現在完全な形として残っているのは出雲国風土記で、ほとんど残っているの
が、常陸国風土記・播磨国風土記。またかなりの部分が残っているのが豊後
国風土記・肥前国風土記。この5つ以外に関しては江戸時代頃から逸文の
収集が行われており、その成果は例えば東洋文庫の「風土記」などで見るこ
とができる。

万葉集
万葉集は奈良末期に現在の形になったとされますが、それ以前の奈良初期に
原万葉集とも呼ぶべきものが編纂されていたとする説は根強く、現在の巻1〜2
はその原万葉集がそのまま使用されていると考えられる。従って実は万葉集
のこの部分というのは古事記よりも更に古い、貴重な記録なのである。

この部分で「天孫降臨」神話が「天子降臨」神話として描かれていることは
有名である。

旧事本紀
正式には「先代旧事本紀」。略して旧事紀とも。平安初期に編纂された。
古事記や日本書紀に収められていない大量の神の系譜や、天皇家の血筋
関係などが記されており、神話や古代の研究者には、非常に貴重な資料
である。


↑

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから