↑

東洋占術について


東洋占術には色々なものがありますが、やはり基本になっているのは、陰陽・五行・八卦・十干・十二支などの考え方です。詳しいことは下記の各項目を参照して下さい。

易と八卦・64卦

   

「当たるも八卦・当たらぬも八卦」の八卦です。一般にハッケという読み方が知られていますが、本当はハッカと読みます。

宇宙の根源とも言われる太極から陰陽の両儀が生じ、両儀が四象に分かれ、更にこれが八卦に分かれます。八卦は万物を包含すると考えられます。易においては、八卦を2つ組み合せた64卦を使用します。この1つ1つにちゃんと名前が付いています。


八卦・64卦を使って占いをするのが易です。この易は今や中国や日本だけのものではなく、世界的に使われており、英語ではイーチンといいます。

易の卦を立てるには、色々な方法がありますが、筮竹を使う方法は有名です。他にも、サイコロを使う方法、コインを使う方法、イーチンタロットを使う方法などがよく使われています。

名人の域に達すると、「よく易をおさむるものは占わず」(荀子)と言われ、そのような道具にたよらなくても、瞬時に今の状態は何の卦なのかが分かると言われています。


陰陽・五行・十干・十二支

陰陽と五行


五行とは、木火土金水、の五元素を言います。
この場合、木は火を生じる、火は土を生じる、土は金を生じる、金は水を生じる、水は木を生じる、といって、この順序は互いに助け合う良い関係と考え、相性といいます。
これに対して、水は火を剋す、火は金を剋す、金は木を剋す、木は土を剋す、土は水を剋す、という循環は互いに傷つけ合う関係と考え、相剋といいます。

陰陽とは、その名の通り陰と陽です。東洋占術ではものごとを五行に分類するとともに陰陽にも分類します。それを組み合わせると次に示す十干が出てきます。

十干十二支

十干                十二支
+−+−−+−+−−−−+−−−−++−+−−−+−+−+−−−+
|甲|コウ|木|陽:兄え|きのえ ||子|シ  |水|陽|ね  |
|乙|オツ|〃|陰:弟と|きのと ||丑|チュウ|土|陰|うし |
|丙|ヘイ|火|陽:兄え|ひのえ ||寅|イン |木|陽|とら |
|丁|テイ|〃|陰:弟と|ひのと ||卯|ボウ |木|陰|う  |
|戊|ボ |土|陽:兄え|つちのえ||辰|シン |土|陽|たつ |
|己|キ |〃|陰:弟と|つちのと||巳|シ  |火|陰|み  |
|庚|コウ|金|陽:兄え|かのえ ||午|ゴ  |火|陽|うま |
|辛|シン|〃|陰:弟と|かのと ||未|ビ  |土|陰|ひつじ|
|壬|ジン|水|陽:兄え|みずのえ||申|シン |金|陽|さる |
|癸|キ |〃|陰:弟と|みずのと||酉|ユウ |金|陰|とり |
+−+−−+−+−−−−+−−−−+|戌|ジュツ|土|陽|いぬ |
                  |亥|ガイ |水|陰|い  |
                  +−+−−−+−+−+−−−+
十干・十二支はいづれもおなじみのものですね。年月日時を表わすのに、しばしばこれを組み合せて、甲子の年、己巳の月、庚寅の日、壬午の刻、などと表現します。10と12の最小公倍数は60ですからこの組合せは60通りあります。
    01=甲子 02=乙丑 03=丙寅 04=丁卯 05=戊辰 06=己巳 
    07=庚午 08=辛未 09=壬申 10=癸酉 11=甲戌 12=乙亥 
    13=丙甲 14=丁乙 15=戊寅 16=己卯 17=庚辰 18=辛巳 
    19=壬午 20=癸未 21=甲申 22=乙酉 23=丙戌 24=丁亥 
    25=戊甲 26=己乙 27=庚寅 28=辛卯 29=壬辰 30=癸巳 
    31=甲午 32=乙未 33=丙申 34=丁酉 35=戊戌 36=己亥 
    37=庚甲 38=辛乙 39=壬寅 40=癸卯 41=甲辰 42=乙巳 
    43=丙午 44=丁未 45=戊申 46=己酉 47=庚戌 48=辛亥 
    49=壬甲 50=癸乙 51=甲寅 52=乙卯 53=丙辰 54=丁巳 
    55=戊午 56=己未 57=庚申 58=辛酉 59=壬戌 60=癸亥 
※クイズ:上記の年月日時は、一体いつでしょう?

河図

中国の古代、伏儀が王であった時、栄河に竜馬が現れ、その馬の腹に左のような模様がありました。これを河図(かと)といいます。
                                         
洛書

中国の古代、夏の国で洛水が氾濫した年がありました。禹がそれを治めましたが、その時、川の中から神亀が現れ、その亀の背中に右のような模様がありました。これを洛書(らくしょ)といいます。

宿曜


天の赤道(或は白道)上に設定した28個の恒星を通過する経線で分割された天の経線帯を宿と言います。月は1月の間にこの28個の宿に寄って行くと考えられます。

分割の仕方は28等分するやり方とそれぞれの宿に固有の角度を設定する方法があります。また、牛宿を外して、27宿とする説もあります。また、中国で発生した系統と、インドで発生した系統があり、多少の混乱があります。基本的な計算方法や見方については『文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経』というお経に書かれています。インドではナクシャトラといいます。


四柱推命学.......強力な未来予知術

    +−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+
    |空   時   日   月   年  |
    |芒                  |
    |子   壬   庚   壬   戊  |
    |丑   午   申   戌   戌  |
    |    丁   庚   戊   戊  |
    |                    |
    |    食神      食神  偏印 |
    |    正官  比肩  偏印  偏印 |
    |    胎   建禄  冠帯  墓  |
    |    沐浴  建禄  衰   衰  |
    +−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+
中国では子平・先天八字などといいます。

中国で宋代から明代にかけてまとめられたもので、徐居易の「淵海子平」や劉伯温の「滴天髄」といった本が基本原典とされています。日本にも18世紀〜19世紀になって入ってきた新しい占術です。国内で東洋占術をやる人の中で、恐らく一番使用人口が多いものではないでしょうか。

四柱推命という名称は生まれた時の、年・月・日・時に4本の柱を立て、その干支の五行の相互作用から強弱を出し、運勢を見るところから生まれたものです。
宿命星 比肩・劫財・食神・傷官・偏財・正財・偏官・正官・偏印・印綬

十二運 長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶・胎・養

神殺  太極貴神・天乙貴神・福星貴神・天厨貴神・天官貴神・天徳貴神・
    月徳貴神・文昌貴神・天福貴神・節度貴神・天徳合・月徳合・駅馬
    ・華蓋・羊刃・飛刃・学士・紅艶・咸池・劫殺・狐辰・寡宿・血刃
    ・囚獄・亡神・六害・白虎殺・死符・官符・病符・弔門・喪門・etc.

算命学......天中殺で有名な巨大な理論

算命学は中国・戦国時代の鬼谷子によって始められたと伝えられています。その理論は16の理論体系に分かれていますが、その全てを駆使できる人はほとんどいないと言われています。四柱推命とは兄弟のような占術で、似た概念がよく出て来ます。

算命学を有名にしたのは1970年代の「天冲殺」ブームですが、この天冲殺の理論は算命学のほんの一部にすぎません。(天冲殺のことを四柱推命では空芒、六星占術では大殺界といいます。)

算命学では人の運勢を見るのに人体星図というものを書きます。上に出ている絵がその例ですが、頭・肩・胸・両手・腹・両足にその人に関わる星を配置し、全体の特徴を見るわけです。各々の場所に配置されている星には特に次のような意味があります。

  頭   親との関係
  肩・足 才能と特質
  胸   自分自身の性格・人間関係
  左手  夫(妻)との関係
  右手  兄弟・姉妹との関係
  腹   子供との関係・仕事関係



紫微斗数........やさしい東洋占術


唐の末期にまとめられた「紫微斗数全書」を基本にしています。この本には百十個の星が出て来ますが、通常使うのは甲級29星、せいぜい使って乙級29星までです。

紫微斗数の考え方は基本的に西洋占星術と同じで、生まれた時に、それらの星がどこにあったか、というのを書き込んだ命盤(みんばん)を分析することから事は始まります。

黄道十二宮の代りに十二支が出て来ます。又ハウスに相当する命宮、兄弟宮、夫妻宮、子女宮、財帛宮、などといった部屋も割り当てられます。解読の仕方も西洋占星術を思わせる所があり、どの部屋にどの星が入っているか、というので読んで行きます。

紫微斗数は東洋占術の中でも、非常に入りやすい占術ですので、色々勉強したい人も、まずここから始めるとようでしょう。

※紫微斗数へのいざない(椎羅著)


七政四餘........東洋にもある占星術

多くの人が、西洋の占星術が実際の天体をベースにしているのに対して、東洋のものは計算から出た仮想の星ばかりを扱っている、と思っているようですが実は、ちゃんと東洋にも実際の天体をベースにした占星術はあります。これが七政四餘で、七政とは太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星の7つの天体をいいます。残り四餘は旡・羅・計・孛という4つの仮想天体です。最近は七政の他に、三王(天王星・海王星・冥王星)も使用します。
星座と十二支の対応       ハウスと宮の対応

子=水瓶座  午=獅子座    命宮 =1ハウス  夫妻宮=7ハウス
丑=山羊座  未=蟹座     財帛宮=2ハウス  疾厄宮=8ハウス
寅=射手座  申=双子座    兄弟宮=3ハウス  遷移宮=9ハウス
卯=蠍座   酉=牡牛座    田宅宮=4ハウス  官禄宮=10ハウス
辰=天秤座  戌=牡羊座    男女宮=5ハウス  福徳宮=11ハウス
巳=乙女座  亥=魚座     奴僕宮=6ハウス  父母宮=12ハウス

この辺りの名称は紫微斗数と多少似ていますが、紫微斗数が仮想の天体を扱っているのに対して、七政四餘は実在の天体を使用します。


断易と六壬神課.....決断の為に

+−−−−−−−−−−−−−−−−+  +−−−−−−−−−−−−−−−−+
|   雷天大壮          |  |(一課)辛 申:太陰(兄弟)  |
|兄弟 − − 戌土       |  |(二課)申 午:貴人(官鬼)  |
|子孫 − − 申金       |  |(三課)巳 卯:六合(妻財)  |
|父母 −−− 午火 丑 世 用神|  |(四課)卯 丑:青竜(父母)  |
|兄弟 −−− 辰土       |  |                |
|官鬼 −−− 寅木       |  |    初伝 丁丑:青竜(父母)|
|妻財 −−− 子水 応     |  |    中伝 乙亥:白虎(子孫)|
|   4爻変          |  |    末伝 亡酉:玄武(兄弟)|
+−−−−−−−−−−−−−−−−+  +−−−−−−−−−−−−−−−−+
断易は易の応用の一つですが、明確にYES/NOを出す力を持っています。試験に合格するか、出産は安産か、株は買いか、そういった単純な答えを要求するものに用いることができます。基本的には立てた卦に十二支を配置し、五行等の強弱から答えを判断します。

単純なYES/NOではなく、もっと細かな答えが必要な場合は六壬神課を使うことができます。これは西洋占星術のホラリーと似ていますが、占いを相談された時刻をもとに四課三伝の課式を作成し、配置された十二天将星や六親生剋星などで状況を判断します。


九星術・気学......ポピュラーな運勢学


日本では多くの人が自分の生まれた星座とともに、自分の生まれた年の九星を知っていて、それを元にした「今月の運勢・今年の運勢」などといったものを見たりします。また運勢暦を開くと、その年や毎月の九星術にもとづく方位盤がのっています。

このおなじみの九星は一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星です。生まれた年・月・日の星を調べ、それを元に定位盤を書きます。この定位盤の元になっているのは例の河図洛書です。定位盤は宇宙全体を簡略化したものと言われ、天地が絶えず動いているように、九星も定位盤の上を複雑に運動します。この経路を飛泊といいます。

なお、大正年間に園田真次郎氏はそれまでの九星術に方鑑学や独自の創見を加えて「気学」を創設しました。今日「九星術」と言っているものの中にはこの気学の影響が色濃く残っています。


奇門遁甲....諸葛孔明が使った?軍事秘術

                南
  +−−−−−−−−+−−−−−−−−+−−−−−−−−+
  |辛儀 天英 二黒|己儀 天禽 七赤|甲尊 天柱 九紫|
  |乙奇 景門 太陰|辛儀 死門 トウ蛇|己儀 驚門 直符|
  +−−−−−−−−+−−−−−−−−+−−−−−−−−+
 東|乙奇 天任 一白|丙奇    三碧|丁奇 天冲 五黄|西
  |戊儀 杜門 六合|丙奇    天蓬|甲尊 開門 九天|
  +−−−−−−−−+−−−−−−−−+−−−−−−−−+
  |戊儀 天輔 六白|壬儀 天心 八白|庚儀 天内 四緑|
  |壬儀 傷門 勾陳|庚儀 生門 朱雀|丁奇 休門 九地|
  +−−−−−−−−+−−−−−−−−+−−−−−−−−+
                北
奇門遁甲はその時間時間における良い方位・悪い方位を判断するための術です。逆に言えばある方位にあるものごとと関わる際に最良の日時を選ぶのにも使用できることになります。その昔、中国戦国時代の諸葛孔明はこの術を元にした陣の配置をして敵軍を手玉にとったと言われています。

上記に示したのが遁甲盤の例ですが、これは3×3の盤が6つ重なりあった状態ということができます。左上が天盤、左下が地盤、中央の上が九星、下が八門、右上が九宮(日本の九星)、右下が八神です。実際には上下に重ねている天地・星門・宮神の各々について、組合せの吉凶があり、各々の方位の状況を表わします。

遁甲盤は年・月・日・時のいづれに対しても作ることができます。そのどれを使うかは見る内容によります。当然年の遁甲盤は時の遁甲盤より長いスパンの出来事について効いてきます。


風水..........今最も話題の思想

風水(正確には地理風水)はその土地や住居・墓などの立地環境を判定し、或いは良い場所を見つけ、或いは改良するための技術です。

地理風水はその取り扱う規模スケールにより地理と風水に分かれます。また用途により陽宅(住居)と陰宅(墓)に分かれます。更に観点の違いから巒頭と理気に分かれます。

風水では方位の吉凶を確認するために羅盤を使用します。これは船の航海で使う羅針盤の元になったものです。羅盤は別名羅経とも呼ばれ、この中には東洋占術の様々な要素が凝縮されています。


数霊..........日本人の魂を求めて

  +−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+
  |  年数4 月数1 日数6 / 命数2  |
  |                     |
  |  年盤=4酉    月盤=4酉     |
  |                     |
  |  ×        ×         |
  |   381      381      |
  |  ×246○    ×246○     |
  |   795      795      |
  |                     |
  +−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+
生年月日からその人の年数・月数・日数を計算し、それから命数が算出されます。そこから年盤・月盤が作成され、年ごと・月ごとの波動も導かれます。

波動は生年月日の他、名前からも導かれます。この波動の分析により、一般的な運勢、結婚相手との相性、商品を発売した結果などが予測されます。また数霊は秘儀として、問題がある場合の改善方法も提供します。

数霊はまた日本人の深層にも迫ります。数霊の力により古事記にまつわる様々の謎が解き明かされ、そこに大きな神の波動が見出されるのです。


太乙神数........国家の運命を見る

太乙神数は個人に関することを占う術ではありません。これは社会・国家の命運を占う、大きな測局術です。太乙神数が扱う時間のスケールは数百年、数千年という巨大な単位です。基本には180年とか720年という周期があり、太乙周期は11520年になります。

これほど大きな時間の流れを見るのには、個人の運命を見る易やタロットには手に負えません。文献が非常に少ない占術ですが、重要な存在です。


運勢暦.........毎度お手軽、今日の暦

1997年の運勢暦はお持ちでしょうか? 何か日取りを決めるときにこれほどお手軽に吉凶判断ができるものはなかなかありませんね。

しかし運勢暦もよく見てると、よく分からない暦注なども付いています。これは一体何なのでしょう。それから、暦を2個持っていると、万倍日の日付が違うことがあるし、九星が違うこともあるようです。これは一体なぜなのでしょう?

そのような疑問をお持ちになった方は、どうぞ GO FFORTE して10番会議室へどうぞ(^_^)


姓名判断......子供の名前をどう決める?


姓名判断もまた手軽に占える占術であるとともに、毎日日本全国の赤ちゃんが生まれた家庭で悩みの種になるものです。

姓名を見る時は、各漢字の画数を数えた上で、天地人外総の5格を見て判断します。これは覚えておけば、取引先で名刺をもらった瞬間相手の性格を判断できる、素晴らしい術です。
↑


(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから