天使の数

↑
天使の数

ミカエル・ガブリエル・ラファエル・ウリエルを四大天使という。ミカエルは天使長といい天使全体の統率者である。ガブリエルは聖母マリアに受胎告知をした天使である。そのほかに有名な天使としては、天国の宰相メタトロン、死の天使サマエル、最後の審判でラッパを吹く天使イスラフィエル、などがいる。

色々な文学作品その他に登場する天使の数を数えていくと、相当の数になり、普通名詞に「エル」を付ければ全て天使の名前になるともいう。

中世の学者の計算によれば、天使の数は全部で 301,655,722 人であるという。しかし別の人の説では神が息をする度に天使が生まれるともいう。また天使の数は必ず人間の数より多いともいわれ、ある説では一人の人間に11,000人の守護天使が付いているともいわれる。

ゾロアスター教では、この世界にはフラワシと呼ばれる精霊が多くいるとされ、その数は99,999人であるとされる。日本では神様がやおよろず(八百万)いると昔から言われている。


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから