imaginary number

↑
複素数 complex-number

さて、マイナスの数が出てきて数の世界は大きく広がりましたが、数の理論はこのマイナスの数だけでは完結してくれませんでした。代数方程式の解を求める問題から人類は「複素数」というものに到達しました。

一般に複素数は a+bi という形で表します。i が「虚数」部分です。この i は i×i=(-1) となる数を表しています。

代数の法則は複素数の世界でも同様に成立します。すなわち

「虚数」ということばが表しているように、複素数というものは最初は仮想の数と考えられていましたが、のちに実体のあるものであることが分かります。

電磁気学では、交流電流の電圧・電流などは複素数で表現されてしまうのです。

また、量子力学では物体の運動の方程式がやはり複素数で表現されます。


↑



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから