16

↑
16 sixteen seize

さて、16は何でしょう。

十六日目の月は「いざよい」という美しい名前がついています。「いざよう」 という言葉は「ためらう」という意味で、十五夜の月よりも遅く出てくるので 「出てくるのをためらっている月だ」ということで、この呼び名が出てきまし た。「いざよい」と言えば、阿仏尼の「十六夜日記」が有名ですが、これは京 都から鎌倉までの紀行文で、京都を立ったのが十六夜の日であったため、その 名が出たものです。

16日は日本では閻魔様の縁日でもあり、各地の閻魔堂には参拝する人の数が 増えます。

それからコンピュータ関係の人にとっては16は16進数ですね。特にアセン ブラなどでソフトを組んでいますと、自然に16進数の足し算が暗算でできる ようになります(^^;

16のもの

十六羅漢   賓度羅跋羅惰闍・迦諾迦伐蹉・迦諾迦跋釐堕闍・蘇頻陀・
       諾矩羅・跋陀羅・迦理迦・伐闍羅弗多羅・
       戍博迦・半だ迦・羅怙羅・那伽犀那・
       因掲陀・伐那波斯・阿氏多・注荼半だ迦
十六社    伊勢・石清水・賀茂・松尾・
       平野・稲荷・春日・大原野・
       大神・石上・大和・広瀬・
       竜田・住吉・丹生・貴船
ゲオマンシー 道・人々・合同・監禁・大吉・小吉・得・損・
       歓び・悲しみ・少女・少年・白・赤・頭・尾

↑


16個のもの追加(自由にどうぞ)
追加分一覧


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから