畳の敷き方(半畳〜16畳)

↑
半畳 ( 1sq)巴敷
これは1通りしか置き方は無いですね。


1畳 ( 2sq)城郭敷
これも1通りしか置き方は無いですね。


1畳半( 3sq)城郭傍系
これも1通りしか置き方は無いですね。


2畳 ( 4sq) ●2×2城郭敷
これも1通りしか置き方は無いですね。

私が小さい頃育った家には二畳の部屋があり、半ば物置と化していたのですが、私が何かいけないことをしたり、あるいは失敗したりした時、よくその部屋に罰として閉じ込められていました。「ごめんなさい、ごめんなさい」と言ってもなかなか出してもらえず、その内「おしっこ、もれそう」と言うのを思いつきました。これは親としては、そのまま漏らされては困るので、仕方なく出してくれました。他に家の外に放り出されて入れてもらえないというのもありました。
2畳半( 5sq)
5は素数なので、長方形の部屋にはありません。

3畳 ( 6sq) ●2×3城郭敷
3畳はいわゆる「枕敷き」をします。


3畳半( 7sq)
7は素数なので、長方形の部屋にはありません。

4畳 ( 8sq) ●2×4城郭敷
並行に4枚敷く手もありますが、私はこちらが好きだ。

4畳半( 9sq) ●3×3
正方形の部屋ですね。2DKだと4畳半と6畳が1部屋ずつというのが多い。四畳半は一般的な敷き方が2種類あります。

【普通の敷き方】城郭傍系

この時、半畳の角が鬼門(東北)に向かないよう気をつけて下さい。

【巴敷き】巴敷

個人的には巴敷きの方が好きです。この敷き方は茶室で使われて広まったもので、真ん中の半畳の所に茶釜を置きます。ただこの時、気をつけないといけないのは、巻きの向きを逆にしないことです。

【卍敷き】(避けるべき敷き方)

なぜこれがいけないかについては切腹の間についてのページを参照して下さい。

5畳 (10sq) ◇2×5
極端に細長い部屋しか存在しません。

5畳半(11sq)
11は素数なので、長方形の部屋にはありません。
と、言いつつ、実は友人の家に5畳半の部屋がありました。これは6畳から廊下の分が半畳、部屋に飛び出しているというもので、狭い土地に家を建てるのに苦労してこういう部屋ができたものと思われます。

6畳 (12sq) ◇2×6 ●3×4城郭敷
四畳半と並んで、よくある部屋ですね。2DKだと4畳半と6畳が1部屋ずつというのが多い。6畳の敷き方は基本的にこれ。

なお、六畳の部屋に十字を作らずに畳を敷く方法は(回転・鏡像を除けば)↓の2通りしか存在しません。


下のは3+3ですね。
6畳半(13sq)
13は素数なので、長方形の部屋にはありません。

7畳 (14sq) ◇2×7
極端に細長い部屋しか存在しません。
と、言いつつ、実は筆者が住んでいる家(伯母の家)には7畳の部屋が存在します。これは6畳の部屋に余分に畳1枚分のスペースが付随しているものです。この家はあちこち変則的です。

7畳半(15sq) ●3×5城郭傍系
基本的に7畳半の部屋は作ってはいけないのですが(四畳半の項目参照)、どうしても出来てしまった場合は、↓のような敷き方があると思います。4半+3が不吉なので、6+1半にしたもの。


8畳 (16sq) ◇2×8 ●4×4城郭敷
これも正方形の部屋です。一般的な敷き方はこれ。

八畳の部屋に十字・断層を作らずに畳を敷く方法は(回転・鏡像を除けば)↑の方法以外は存在しません。

正方形の部屋は、半畳(12=1sq)、二畳(22=4sq)、四畳半(32=9sq)、八畳(42=16sq)、十二畳半(52=25sq)、十八畳(62=36sq)、二十四畳半(72=49sq)、三十二畳(82=64sq)、四十畳半(92=81sq)、五十畳(102=100sq)などがあります。

8畳半(17sq)
17は素数なので、長方形の部屋にはありません。

9畳 (18sq) ◇2×9 ●3×6
あまり見ないサイズの部屋ですが、敷くとしたら、こんな感じでしょうか。これは6畳+3畳という感じの敷き方。

9畳の部屋には、断層も十字も作らない敷き方は存在しません。十字を作らないなら、6+3か、3+3+3です。十字を作ってもよいなら、こういう置き方もあります。個人的にはこちらの方が美しいと思います。


9畳半(19sq)
19は素数なので、長方形の部屋にはありません。

10畳 (20sq) ◇2×10 ●4×5城郭敷
最近の家にはこういう広い和室は少ないですね。たいてい広い部屋は洋室にしてしまうので。敷き方はこのようになります。

10畳の部屋の敷き方で、十字・断層ともに作らないのはこの敷き方だけです。

10畳半(21sq) ●3×7
あまり見ないサイズの部屋ですが、敷くとしたらこんな感じでしょうか。6畳+4畳半という感じ。

10畳半の部屋には、断層も十字も作らない敷き方は存在しません。十字を作ってもいいならこういう敷き方もあります。


11畳 (22sq) ◇2×11
極端に細長い部屋しか存在しません。

11畳半(23sq)
23は素数なので、長方形の部屋にはありません。

12畳 (24sq) ◇2×12 ◇3×8 ●4×6城郭敷
古い大きな家にはこのくらいの部屋まではあることがありますね。敷き方はこのようになります。

12畳の部屋の敷き方で、十字・断層ともに作らないのはこの敷き方だけです。

12畳半(25sq) ●5×5
珍しい部屋ですが、実は正方形部屋です。断層・十字を作らない敷き方は下記の2種類のみです。
【半畳を隅に出す方法】城郭傍系

【半畳を中央に置く方法】巴敷


13畳 (26sq) ◇2×13
極端に細長い部屋しか存在しません。

13畳半(27sq) ◇3×9
極端に細長い部屋しか存在しません。

14畳 (28sq) ◇2×14 ●4×7
この部屋は難しいです。十字・断層ともに作らない敷き方は存在しません(敷き方自体は230通りあります)。
十字を作らない敷き方は2種類あります。


上のは8+2+4、下のは2+4+2+4+2ですね。2番目の敷き方の方が美しい。逆に十字はできるものの、中央付近に断層の無いものとして↓の敷き方があります。これも悪くないと思います。

14畳半(29sq)
29は素数なので、長方形の部屋にはありません。

15畳 (30sq) ◇2×15 ◇3×10 ●5×6城郭敷
十字・断層ともに作らないのは↓の敷き方だけです。

15畳半(31sq)
31は素数なので、長方形の部屋にはありません。

16畳 (32sq) ◇2×16 ●4×8
断層・十字ともに作らない敷き方は存在しません。

☆断層を作らない敷き方(十字がある)

↑の特に2番目は、十字こそできますが美しいと思います。個人的には↓のより好きです。

☆十字を作らない敷き方(断層がある)



畳の敷き方(1)基本
畳の敷き方(16畳半〜32畳)
畳の敷き方〜巴敷きの系列
畳の敷き方〜城郭敷き
畳の敷き方〜城郭敷き(傍系)

2019-02-20 writte by Lumi Matuo.
↑
(C)copyright ffortune.net 1995-2019 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから