畳のサイズ

↑

様々な畳のサイズ

畳というのは、本来は2枚で1坪(=1間×1間。1間=6尺=1.81818m)になるはずなのですが、実際には地域によってその基準は様々だったようです。

現代では「1間」というのは6尺と定められていますが、そのように定めたのは実は徳川家康です。元々は家の柱と柱の間の距離から定められたもので、織田信長は6尺5寸としましたが、豊臣秀吉は6尺3寸とし、更に家康は6尺にしてしまいました。

(1寸は1/10尺)

1間のサイズがどんどん小さくなって行ったのは、それによって田んぼの面積が大きく出るので、結果的に年貢をたくさん集められるからだとも言われます。百姓にとっては1間の長さが短くなる=税金が重くなる、ということだったんですね。

しかしそういう訳で、本能寺の変の後、関東に封じられた徳川家康の配下では1間=6尺とする、関西の「京間」より小さな畳「江戸間」が発達したということのようです。

ここで、同じ1間=6尺の畳でも、実は「中京間」という、江戸間より少し広い畳が現在、愛知県などで使用されています。江戸間と中京間は1間の長さは同じ6尺なのですが、実は測る場所が違います。この問題は次項の「柱割りと畳割り」の所で詳しく述べます。

さて、江戸間に比べて更に狭い団地間というのが、高度経済成長期の団地で多く使われました。なぜそんなに狭い部屋が作られたのかについては諸説ありますが、やはり当時はできるだけ多くの人に安い住宅を提供するために、部屋のサイズを小さくした、というのが妥当な線でしょう。

柱割りと畳割り

畳割りとは、畳のサイズが決まっていて、その畳が六畳とか四畳半に並べられるサイズの部屋を作ることを言います。これに対して柱割りとは、柱の中心線で作った四角形をキリのよい数値にした上で、現場でそこに敷ける畳を個別作成することを言います。


基本的に京間や中京間は畳割り、江戸間は柱割りなので、同じ1間=6尺を採用していても、江戸間は中京間より小さくなります

柱割りで作られた部屋は、部屋ごとに畳のサイズが異なることになります。例えば1間=6尺で、柱の太さが4寸(0.4尺)の場合、8畳の部屋を考えると、

畳割りの場合は部屋の広さは12尺×12尺=144平方尺=13.2m2になります。

しかし柱割りの場合は、柱の中心線と柱の中心線の間が2間なので、柱の内側で測ると部屋の1辺は12尺−0.4尺=11.6尺しかありませんので、部屋の広さは11.6尺×11.6尺=134.56平方尺=12.4m2になります。

八畳の場合の方程式 4 s + d = 12 ∴ s = (12-d)/4 = 2.9

これが4畳半になると方程式は

四畳半の場合の方程式 3 s + d = 9 ∴ s = (9-d)/3 = 2.866

つまり四畳半の畳の方が狭くなります。これは柱の太さの分を少ない枚数で負担しなければならないからです。六畳のように正方形ではない部屋の場合、畳の縦横比が1:2ではなくなり、縦に置く畳と横に置く畳でサイズが違うことになります。

それで畳の表替えなどをする場合、どこに敷いていた畳かをちゃんと印など付けておかないと、後で再度敷こうとしたとき、入らない!という事態を招きます。

現在通用している畳サイズ名称

現在、下記のサイズの畳が名称的には確立しているようです。
本間
1間=6尺5寸。畳割。畳サイズ=3尺2寸5分×6尺5寸(985mm×1970mm) 21.13平方尺(1.940m2)。中京間の1.17倍。
京間
1間=6尺3寸。畳割。畳サイズ=3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm) 19.85平方尺(1.824m2)。別名関西間。中京間の1.10倍。
中京間
1間=6尺。畳割。畳サイズ=3尺×6尺(910mm×1820mm) 18平方尺(1.656m2)。別名三六間。
江戸間
1間=6尺。柱割。畳サイズ=(八畳の場合)2尺9寸×5尺8寸(880mm×1760mm) 16.82平方尺(1.548m2)。別名関東間・田舎間・五八間。中京間の0.93倍。
団地間
1間=5尺6寸。畳サイズ=2尺8寸×5尺6寸(850mm×1700mm) 15.68平方尺(1.440m2)。別名五六間。中京間の0.87倍。
六二間
1間=6尺2寸。畳サイズ=3尺1寸×6尺2寸(940mm×1880mm) 19.22平方尺(1.767m2)。九州の一部で使用される。別名佐賀間。中京間の1.07倍。
六一間
1間=6尺1寸。畳サイズ=3尺0寸5分×6尺1寸(925mm×1850mm) 18.61平方尺(1.711m2)。山陰などで使用される。別名安芸間。中京間の1.03倍。
↑
(C)copyright ffortune.net 1995-2019 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから