sinwa(1)世界のはじまり

天地が初めてひらけた時、高天原(たかまがはら)に成った神を天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)といいます。次に高御産巣日神(たかみむすびのかみ)神産巣日神(かみむすびのかみ)が現れました。

更に宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)天之常立神(あめのとこたちのかみ)国常立神(くにのとこたちのかみ)豊雲野神(とよくもののかみ)といった神が現れたあと、対になる神様が五代現れました。

天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)高御産巣日神(たかみむすびのかみ)神産巣日神(かみむすびのかみ)造化三神(ぞうかさんしん)といいます。
造化三神とその次の宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)天之常立神(あめのとこたちのかみ)をあわせて別天神(ことあまつかみ)といいます。
国常立神(くにのとこたちのかみ)豊雲野神(とよくもののかみ)、そしてその先の5代の神をあわせて神世七代(かみよななよ)といいます。

そしてその最後の伊邪那岐神(いざなぎのかみ)伊邪那美神(いざなみのかみ)が、国土を生成するのです。

なお、造化三神の中で、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)高天原(たかまがはら)系の神の根本神、神産巣日神(かみむすびのかみ)は出雲系の神の根本神になっています。後に高天原(たかまがはら)の主宰者となる天照大神(あまてらすおおみかみ)はしばしば高御産巣日神(たかみむすびのかみ)の助言を受けていますし、出雲神話の中核神である大国主神(おおくにぬしのかみ)は若い頃、神産巣日神(かみむすびのかみ)に何度も助けられました。



©2008 Nagara Kei.
このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。
あなたのホームページをご紹介下さい。こちらから登録できます。


(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから