sinwa(2)国生み

伊邪那岐神(いざなぎのかみ)伊邪那美神(いざなみのかみ)は神々の命を受けて、国作りを始めました。

まずは天浮橋(あめのうきはし)に立って、まだ混沌としていた地球の表面に天沼矛(あめのぬまほこ)を入れてかき回すと、そのしずくが落ちて重なり淤能碁呂島(おのごろしま)という島になります。そこで二人はその島に降りて結婚しました。

この時まず伊邪那岐神(いざなぎのかみ)伊邪那美神(いざなみのかみ)に「そなたの体はどうなっているか?」と聞くと「私の体には成り成りて成り合わぬ所があります」と言います。そして伊邪那岐神(いざなぎのかみ)は「私の体には成り成りて成り余る所がある。私の成り余る所をそなたの成り合わぬ所にさし塞いで国を生みましょう」と言いました。

そこで、島に柱を一本立て、その回りを回って出会ったところでまず伊邪那美神(いざなみのかみ)が「まぁなんて素敵な男性でしょう」と言い、次に伊邪那美神(いざなみのかみ)が「ああ、なんて素敵な娘だろう」と言いました。そして交わって産まれた子は水蛭子であったため、葦船に乗せて流しました(※)。次に出来た子は淡島。これも子の数には入りません(※)。

二人の神は何かおかしいと思い、いったん天に戻って神々に相談します。神々は太占(ふとまに)をして占った結果、柱を回って女が先にプロポーズしたのがいけなかったのではなかろうか。今度は男が先にプロポーズしてみなさい、とアドバイスします。

そこで二人は再び島に降り、結婚式をやり直して今度は伊邪那美神(いざなみのかみ)が先に「ああなんて素晴らしい娘だろう」と言ってから、伊邪那美神(いざなみのかみ)が「まぁなんて素敵な男性でしょう」と言いました。そして生もれたのが下記です。

  1. 淡路島

  2. 伊予之二名島(四国)

  3. 隠岐の三つ子島

  4. 筑紫の島(九州)

  5. 壱岐の島

  6. 対馬

  7. 佐渡の島

  8. 大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)(本州)


これを大八島国(おおやしまのくに)といいます。

更に生み続けたのが吉備の児島(児島半島~昔は島だった)、小豆島、大島(山口県の?)、女島(大分県の?)、知訶島(??五島説あり)、両児島(??男女群島説あり)です。



(※)「水蛭子」は古事記(こじき)での記述ですが日本書紀(にほんしょき)では「蛭児」と書かれており、いづれも「ひるこ」と読みますが、流された子はやがて兵庫県の西宮に流れ着き、その地で成長して西宮大神(にしのみやおおかみ)こと、えびす様になったとされています。日本書紀(にほんしょき)では足の立たない子であったと書かれていますが、一方では「ひるめ」に対して「ひるこ」で本来は太陽神であったのではという説もあります。(「おおひるめのかみ」は天照大神(あまてらすおおみかみ)の別名です)

(※)淡島については、紀伊半島と四国の間にある友ヶ島列島にある神島(沖ノ島のそばにある小さな島)ではとの説もあります。この神島が和歌山市加太の淡嶋神社(あわしまじんじゃ)発祥の地ともいわれています。




©2008 Nagara Kei.
このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。
あなたのホームページをご紹介下さい。こちらから登録できます。


(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから