ディズニー映画の曲 (11)


songs of this page:11+0(Total 11)

『いつ王子様が』 Some Day My Prince Will Come (1937)
ディズニー映画○『白雪姫 (Snow White and the Seven Dwarfs)』の挿入歌。この映画は世界初の長編アニメ映画(83分)と言われる。人間の動きを自然な動画として制作するため、実際の人間の動きを分解写真で撮影し、それを元に絵を描いたらしい。

『ハイ・ホー』 Heigh-Ho
同じく○『白雪姫』挿入歌。小人たちの登場シーン。

『星に願いを』 When You Wish upon a Star (1940)
ディズニー映画○『ピノキオ』(Pinocchio, 1940)の主題歌。エレクトーンの初心者用演奏曲としても人気が高い。

『ビビディ・バビディ・ブー』 Bibbidi-Bobbidi-Boo (1950)
ディズニー映画○『シンデレラ』(Cinderella,1950) の中の曲。みんなの歌でも放送された。

『お砂糖ひとさじで』 A Spoonful of Sugar
大変なことでも、スプーン一杯の砂糖を加えたら楽しくなるよという歌。これは大きな哲学だ。子供たちに部屋の片付けをさせる歌。

『大道画家』 Pavement Artist

『楽しい休日』 Jolly Holiday

『スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス』 Supercalifragilisticexpialidocious
嫌な気分の時もこの言葉を唱えたら楽しくなるという歌、絵の中の世界でメリーボビンズたちが歌い、この言葉を父に伝える。父は銀行の幹部会議でこの言葉を唱えて、楽しく解雇される。

『眠らないで』 Stay Awake

『笑うことが好き』 I Love to Laugh

『英国の銀行』 A British Bank (The Life I Lead)
『2ペンスを鳩に』 Feed the Birds (Tuppence a Bag)
鳩の餌を2ペンスで売っているおばちゃんの歌。

『信用第一の銀行』 Fidelity Fiduciary Bank
イギリスの銀行はこんなに信用ある銀行だと、銀行の役員たちが歌う歌。ここで役員たちが歌を歌うというのは、日本の映画では考えられない。アメリカ映画の凄さを見せてくれる。

『チム・チム・チェリー』 Chim Chim Cher-ee
煙突掃除人たちが歌う歌。にアカデミー歌曲賞。名曲。みんなの歌でも1966年に放送された。

『踊ろう、調子よく』 Step in Time

『男には夢が』 A Man Has Dreams

『凧をあげよう』 Let's Go Fly a Kite
物語を締めくくる歌。みんなで凧をあげている。こういうラストもアメリカ映画ならではである。日本の映画作者には無い発想。


(2021.09.08)