中国象棋(シャンチー)

↑

■盤の説明

中国象棋は上図のような盤を使用する。駒はマスの中ではなく線の交差点の上を移動する。

横の線は手前から本位線(底線)、咽喉線・分津線・卒林線・河界線という。ただし紅軍側は卒林線ではなく兵林線という。真ん中の領域は河界(楚河・漢界)という。ここは実際には縦の線が引かれているのと同じである(軍人将棋のように斜めに進む訳ではない)。縦の線は右から1号線〜9号線(紅軍は自分から見て右から一号線〜九号線)と呼ぶ。特に両端は辺線、真ん中は中線という。底中央の9個の部分は九宮といい本陣である。将(帥)はこの中しか移動できない。ここの斜めの線は士行線といい、士(仕)のみが利用できる。


■駒の名前と動き

黒軍紅軍English
将 (Jiang)帥 (Shuai)King
士 (Shi) 仕 (Shi) Guard
象 (Xiang)相 (Xiang)Minister
車 (Ju) 俥 (Ju) Rook
馬 (Ma) (Ma) Knight
砲 (Pao) 炮 (Pao) Cannon
卒 (Zu) 兵 (Bing) Pawn
駒は黒軍と紅軍とで名前が異なっている。昔は同じだったらしいのだが、区別するために変更されたらしい。
将(帥) 縦横1個ずつ。但し九宮の中のみ。
士(仕) 士行線上を1個ずつ。つまり九宮の四隅と中央の5ヶ所だけ。
象(相) 斜め2個動く。飛び越し不可。敵陣には行けない。
車(俥) 縦横いくらでも。飛び越し不可。
馬(イ馬) チェスのナイトと同じ。
砲(炮) 移動は車と同じだが敵の駒を取る時は1つ駒を越えた先を取る。
卒(兵) 自陣では前に1つ。敵陣では左右にも動ける。

象の動きがチャトランガの象の動きであることに注意したい所です。

■王手と詰み

自分の駒の利き筋に相手の将(帥)が来るとき将(Jiang)と言わなければならない。将棋の王手、チェスのチェックに相当する。

これで将(帥)が応手できなければ被将死(Bei Jiang si)といい、将棋の詰み・チェスのチェックメイトになる。

なお、どう動いても相手の王手になってしまう場合欠行(Chien Hsing)または困斃(Kun Bi)といい負けである。チェスのステイルメイト(チェスでは引き分け)に相当するが、象棋では負けとなる。


↑
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから