碁から出たことば

↑
アタリ社
コンピュータゲームの草分けの会社であるアメリカのアタリ社の「アタリ」は囲碁のアタリから来たもの。どんどん陣地を取っちゃえ、ということらしい。同社の子会社にはテンゲン社というのもある。これも天元から来たのである。
一目置く(いちもくおく)
置き碁からきたもので、相手の実力を認めていることになる。自分より上だといっていることになる。
傍目八目(おかめはちもく)
そばでみている人は八目くらい先が読めるという意味。
鬼手(きしゅ)
神の一手。誰も思いつかなかったものすごい手。
局面(きょくめん)
全体の情勢・様子
玄人(黒人)(くろうと)
黒を持つ人。昔は上位者が黒を持った。
後手にまわる(ごてにまわる)
不利な戦いをしていること。碁は後手が不利。
終盤(しゅうばん)
試合の最後のころ
定石(じょうせき)
うまく行くために覚えておいた方がよいやりかた。将棋では定跡と書く。
序盤(じょばん)
試合の最初のころ
素人(白人)(しろうと)
白を持つ人。昔は下位者が白を持った。
先手をとる(せんてをとる)
有利な戦いをしていること。碁は先手が有利。
駄目(だめ)
使えないもの
中盤(ちゅうばん)
試合の真ん中ころ
手抜き(てぬき)
相手の打ち込みに応答せずよそに打つこと
八百長(やおちょう)
明治のはじめ頃八百屋の長さんという人がいて、相撲の年寄りと碁をしていたがいい勝負だった。しかしある時、実は長さんはものすごい打ち手であったことがバレてしまう。そこで馴れ合いで勝負することを八百長という。

(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから