↑

226事件(1936)

昭和11年2月26日、陸軍の一部皇道派将校に率いられた1400名の兵が首相・陸相官邸、内大臣私邸、警視庁、朝日新聞などを襲撃、陸軍省・参謀本部・警視庁などを占拠しました。

この事件で斎藤実内大臣、高橋是清蔵相、渡辺錠太郎陸軍教育総監らが殺害され、首相官邸でも岡田啓介首相は難を逃れたものの義弟の松尾伝蔵陸軍大佐が身代わりになって殺されました。

政府はあまりのできごとに動揺、どう対処していいか分からずに右往左往していたところ、めったに政治的な問題で意見を言わない昭和天皇が「彼らは賊軍である」と断定、「反乱軍をただちに鎮圧せよ。お前達にできないなら自分が近衛部隊を率いて鎮定に当たる」と激怒の言葉を発します。

翌27日になってやっと東京市に戒厳令が施行、28日になると戒厳司令部の香椎長官は次のような「兵に告ぐ」というビラを撒きます。

  今からでも遅くないから原隊へ帰れ。抵抗する者は全部逆賊であるから射殺する。お前達の父母兄弟は国賊となるので皆泣いておるぞ。

兵や下士官たちに動揺が起き、やがて大勢は帰順、一部の幹部は自決し、残るものは全員逮捕されました。軍法会議により香田清貞ほか17名が死刑に処せられ事件は終わりました。

しかしこの後更に彼らの路線を引き継ぐものたちが軍部内で台頭し、やがてその代表として東条英機が登場。日本は深い戦争の泥沼の中に引きずり込まれていきます。

   昭和 6年 9月18日 満州事変昭和 7年 1月 8日 桜田門天皇狙撃未遂事件 1月28日 上海事件 3月 1日 満州国建国宣言 5月15日 五一五事件(犬養首相殺害さる)昭和 8年 3月27日 国際連盟を脱退昭和 9年 3月 1日 溥儀が満州国皇帝となる。11月20日 青年将校によるクーデター未遂(11月事件)昭和11年 2月26日 二二六事件昭和12年 7月 7日 蘆溝橋事件12月13日 南京大虐殺昭和13年 4月 1日 国家総動員法公布昭和16年12月 8日 日本軍真珠湾を奇襲昭和17年 5月 7日 珊瑚海海戦で大敗 6月 5日 ミッドウェー海戦で大敗昭和18年 4月18日 連合艦隊司令官山本五十六戦死昭和19年 7月 7日 サイパン島の日本軍玉砕昭和20年 3月17日 硫黄島の日本軍玉砕 4月 1日 アメリカ軍沖縄に上陸 7月26日 ポツダム宣言 8月 6日 広島原爆投下 8月 9日 長崎原爆投下 8月10日 ポツダム宣言受諾を通告 8月15日 玉音放送。終戦。 8月30日 マッカーサー、日本に到着。昭和23年12月23日 A級戦犯東条英機ら処刑される。

ところで余談です。この二二六事件が起きたときに鎮圧部隊は帝国ホテルの裏の空き地に陣営を張り、帝国ホテルにその部隊のための炊き出しの依頼がありました。

大雪が降って底冷えのしている時期。ホテルのシェフは、すぐ食べられて体が暖まるものということでカレーライスを作ることを思いつきました。雪の中、明日は仲間と戦わなければならないかと緊張している鎮圧部隊の兵たちにこの熱いカレーライスは忘れられない味となります。そして彼らによって東京の洋食屋さんで発達したカレーライスの味が全国に広まったと言われます。


↑

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから