↑

太平洋戦争終結(1945)

1945年8月15日正午、NHKラジオは天皇の肉声により日本の全国民に日本が戦争に負けたというお知らせを流しました。一般にこれを太平洋戦争の終結として、この日を終戦記念日としています。

ポツダム宣言は7月26日に発表されました。これに対して、日本はいったんこれを「黙殺する」と声明した上で、ソ連に対して和平を斡旋してくれるよう依頼します。ところがこの「黙殺」は海外では「無視」と誤訳されて報道されてしまい、8月6日広島に原爆投下。斡旋を頼んだ相手のソ連は日ソ不可侵条約を破って9日参戦。この日長崎にも原爆投下。

この9日頼みのソ連まで参戦したのではどうにもならないとしてポツダム宣言受け入れを主張する東郷外相らに対して阿南陸相らは抗戦を主張、結論が出ず深夜昭和天皇の判断を仰ぐ。天皇は即座に「外相と同じ意見だ」と言い、このままでは日本という国がなくなってしまう。ここは忍び難きを忍んで降伏するしかない、と補足します。

10日この方針を連合国に通知。するとその返事が12日あり、「降伏のときより天皇および日本国政府の国家統治の権限は連合国最高司令官の制限の下に置かるるものとす」。この条項を巡って再び抗戦派がこれでは国体の維持ができないと反発、再び紛糾。しかし紛糾している内に連合国は14日、日本に通知した内容を明記したビラを飛行機から撒いた。慌てた政府は再び天皇のご意見をお伺いしたいと連絡、10時再度の御前会議。

「私の考えはこの前と同じだ。これ以上の戦争継続は無理である。この降伏によって日本が連合国に蹂躙されたとしても種子の一粒でも残れば再生は可能だ。しかし今のまま戦い続けたら日本は完全に抹消されてしまう。明治天皇が涙を呑んで三国干渉を受け入れた時の気持ちがよく分かるようだ。私がすべきことがあれば何でもする。国民に私が呼びかけるのがよければすすんでマイクの前に立とう。将兵には動揺があるだろうが必要なら自分が説得に当たる。詔を出す必要があるだろうから政府は早速起案して欲しい。」

阿南陸相が泣いていた。天皇は彼に優しく声を掛ける。「大丈夫だよ。きっと何とかなる」

午後、NHKの録音班が5人呼ばれた。「重大な録音があるので」としか言われなかった。最新式の録音機を2セット持って宮中へ。録音は2台の録音機で同時に行った。念のため2回取ったので計4組の玉音盤ができる。録音作業は午後11:25頃から15日1:00頃までかかった。これは皇后官職事務官室の金庫に収められた。

録音を終えたNHKの職員が宮中を出ようとした所、兵隊が彼らを拘束監禁した。終戦に反対する反乱軍であった。午前2時から3時頃にかけて反乱軍が皇居を占拠、玉音盤を探すが見つからない。まさか女官の部屋にあるとは思わなかったためである。更に午前4時頃、反乱軍は放送会館をも占拠する。

午前5時頃、田中東部軍司令官が反乱軍鎮圧に乗り出す。5時半、阿南陸相が自殺。8時頃までに反乱軍は鎮圧或いは自主退出する。8時半、玉音盤が搬出され放送会館へ。この日の各新聞朝刊にポツダム宣言受け入れの報が書かれていたが玉音放送を待つため配達は差し止められていた。

午前11時、憲兵中尉が放送会館に乱入して放送をやめさせようとするが取り押さえられる。正午。時報に続いて「ただ今より重大なる放送があります」と和田信賢アナウンサーの声。この日は通常昼間の送電がストップされていた地方にも電気を流しておく指示が行き届いていた。

君が代のレコードが流れた後、「朕深く世界の大勢と帝国の現状に鑑み非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し、故に忠良なる爾臣民に告ぐ。朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し其の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり。。。」天皇の肉声が流れた。

涙を流す者あり、自刃する者あり、この日日本は天智天皇の白村江の戦い以来の敗戦というものを味わいました。しかし天智天皇がその敗戦の後で日本の基礎を築いたように、日本国民はこの敗戦をバネにして日本を真の超大国へと成長させていきます。日本の戦死戦病死者数155万人、一般国民の死者数30万人。この数字がどの程度の真実を伝えているのかは分かりませんが。。。

合掌。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから