↑

湾岸戦争(1991)

1991年1月17日午前3時(アメリカ東部時間16日19時,日本時間17日9時)頃、アメリカを中心とする多国籍軍がイラクに対して攻撃を開始し、湾岸戦争が始まりました。

発端は1990年の8月2日の事です。フセイン大統領が指揮するイラクは突如隣国クウェートに侵攻、クウェート側が事態を把握できず、ほとんど抵抗もしていない間にその全土を支配下に収めてしまいました。平和になれていたクウェートの首脳は深夜イラク軍の越境の報告を受けたものの、明日起きてから対策を考えると言って寝てしまったといいます。しかし起きた時には国土が全て失われていました。

この事態に対して国連の安全保障理事会は緊急に会議を開き6日イラクを非難するとともに速やかにクウェートから撤退するよう強く勧告しますが、8日イラクはクウェートの併合を発表しました。

デクエヤル国連事務総長がアジズ・イラク外相と度々会談し、またフランスのミッテラン大統領やロシアのプリマコフ元連邦会議議長、アメリカのベーカー国務長官などもイラクの説得にあたりましたが、結果は芳しくありませんでした。

イラクは当初偶然その時点でイラクに滞在していた西側一般人を人質として拘束する旨を発表。これに対しても日本ではアントニオ猪木参議院議員など各国の多くのレベルの人たちが働きかけて、少しずつ開放させていきました。しかし人質は12月までになんとか全員開放されたものの、イラクは相変わらずクウェートから撤退する意志は全く見せませんでした。

国連は何度か期限付きでイラクに撤退を要求し、従わない場合は武力行使も容認するとの安全保障理事会の決議をまとめます。そして最後の期限が1月15日に切れてしまいました。それから24時間もすぎていないこの時刻、アメリカのブッシュ大統領は攻撃を決断しました。

ここで多国籍軍というのは微妙な位置にあります。本来はこういうところでは国連軍が出ていくべきなのですが、国連軍を編成するには安全保障理事会の常任理事国であるロシア・中国などの同意が必要です。これらの国はイラクに対する武力行使には慎重な態度を見せていました。そこで苦肉の策としてアメリカは安全保障理事会で玉虫色の決議を行い、有志の国を募る形で多国籍軍を編成しました。その中心となったのはアメリカ・イギリス、そしてクウェート軍などでした。クウェート軍の兵士たちはイラクが攻めてきた時に何もできなかった自分達にかなり怒って燃えており、率先して危険な前線に出ていきました。

また、エジプト・モロッコ・シリアも「アラブの問題はアラブの手で解決しよう」という趣旨から「アラブ合同軍」を編成し、多国籍軍に協力しました。

この作戦全体を指揮したのはアメリカのノーマン・シュワルツコフ陸軍大将とコリン・パウエル統合参謀本部議長(現・国務長官)です。多国籍軍は初めにレーダーに捉えられずに低空を飛んで標的をピンポイント攻撃できる巡行ミサイル「トマホーク」を使ってイラクの拠点を徹底的に破壊。それに続きF15イーグルやステルス戦闘機F-117で完全にイラク・クウェートの制空権を確保しました。そして1月後の2月24日には地上軍を展開させて、イラク軍を総崩れに追い込みました。イラクは地上戦開始の3日後27日、クウェート併合の無効を発表、戦争の行方は確定しました。

多国籍軍の攻撃の様子は、現地から時々刻々とテレビで公開され、西側諸国ではあたかもテレビゲームでも見ているかのように、多国籍軍の戦果が報告されていきました。(*1)

イラクの兵士たちもアメリカやイギリスの兵には徹底抗戦をしましたが同じアラブの同胞であるエジプトやシリアの兵士たちを前にするとすみやかに投降し、無益な戦いをできるだけ避けました。

イラクは当初問題をすり替えるためにイスラエルに大量のミサイルを打ち込みましたが、イスラエルは普段なら必ず報復するところを懸命に我慢し、イラクの思惑通りには踊らせされませんでした。

多国籍軍はイラクが負けを認めると、ただちに積極的な攻撃は停止しましたのでイラク軍の主力は温存されることとなり、この結果フセイン政権は延命可能となり、イラク情勢はこのあと10年間硬直したまますぎることになってしまいました。攻撃停止命令があと2〜3日あとに出ていたら、フセイン政権はすぐにも倒れていたかも知れません。むろんそれだけ多くの犠牲者も出していたわけで、このあたりの判断はたいへん難しいところです。

日本も国際正義を実行するためであれば、たとえ文官や医務官でもいいからこの作戦に参加すべきだったのでしょうが、国連軍ではなく多国籍軍という形になったこともあり、国会での同意取り付けが困難として戦争費用のみを負担。約150億ドル(約2兆円)の出費をしています。ただ、この戦役は国民の間にいやがおうでも自衛隊の海外派遣に関する議論を呼び起こしました。

--------------------------------------------------------------------(*1)アメリカのこのいわば「大本営発表」は見事でした。戦争の陰の部分は写さずに華々しい部分のみを出し、シュワルツコフ将軍の明るい性格もあって、うまくマスコミを味方に付けました。また事前に空挺隊などを中心に物凄い数の戦死者が出るだろうという観測を大量に流しておいたために「このくらいで済んだのか」という空気を西側諸国の国民たちの間に形成することに成功しました。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから