↑

土方歳三(1835-1869)

新撰組の副長として知られる土方歳三(ひじかた・としぞう)は天保6年(1835)5月5日、武蔵国石田村(現・日野市)に生まれました。父は豪農でしたが歳三が生まれる前に死去、6歳の時に母も亡くなって、兄に養育されました。11歳の時に江戸に丁稚奉公に出ますが長続きしませんでした。

小石川の剣術道場「試衛館」で天然理心流三代目・近藤周助邦武の門に入り、ここで周助の養子で四代目の近藤勇と親しくなりました。

文久3年(1863)2月に清川八郎が江戸で「京都防衛のため」壬生浪士隊を募集すると近藤と共にこれに参加。しかし清川は一行を京都まで連れて行くと、浪士隊の目的は尊皇攘夷であると言い出したため、空中分解。清川は江戸に戻り、のち暗殺されます。

一方京都に取り残された近藤や土方たちは京都守護職の会津藩主・松平容保に願い出て同年8月「新撰組」を結成。初代局長には芹沢鴨が就任しました。

しかし芹沢は傍若無人の振る舞いがあり、9月18日土方らにより粛正。代わって近藤が2代目局長になりました。この京都での近藤局長時代の新撰組が最も輝いており(と言っていいのか....)副長となった土方と共に、尊王攘夷派や倒幕派の武士たちを次々に殺害していきました。

 文久 3年 8月13日 大和屋焼き討ち元治元年 6月 5日 池田屋で長州藩士ら16名を殺害(池田屋騒動)慶応 2年 9月12日 三条大橋で土佐藩士を襲撃し2名を殺害慶応 3年12月 7日 天満屋で海援隊と乱闘

なお、坂本龍馬を殺害したのも以前は新撰組ではと疑われていましたが最近では見廻組という説が有力です。

新撰組は慶応4年1月12日軍艦冨士山丸に乗って江戸へ向かい、官軍に対抗しようとしますが、局長の近藤勇は捕らえられて江戸板橋で処刑され沖田総司も病死します。

そこで今度は土方が組の中心となって、会津にいったん集まった後、会津での戦いのため斎藤一らを置いて、残りは函館・五稜郭に移動。結局ここで幕府軍の最後の抵抗に参加しました。

そして明治2年(1869)5月11日、松前表街道で軍を指揮中に腹部に官軍の銃弾を受け死去。享年35歳。組は相馬主計が引き継ぐことになります。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから