↑

法然上人(1133-1212)

4月7日は法然上人の誕生会が行われます。

法然上人(1133-1212)は浄土宗の開祖とされている人です。これは浄土宗の諸派が全て法然上人の弟子・孫弟子等々から始まっているためです。

浄土仏教の元祖は空也上人(903-972)まで遡りますが、浄土系の仏教が大きく飛躍するのは鎌倉時代の始め頃からになります。

平安時代の末期、既成の仏教ではしばしば仏教を広めるために、仏教に帰依すれば極楽浄土へ行けるが、帰依しなければ血の池や針の山などのある地獄へ落ちるといった論法が行われていました。それはそれなりに効果があり、京都の公家たちが多数信者になり、お寺への寄進も多数ありました。

しかし、お寺への寄進などする余裕のない一般大衆はこの救済システムから疎外されていました。ここで出てきた法然・証空・親鸞らの浄土系仏教の伝道者たちは阿弥陀(あみだ)が全ての人々を救済するまでは自分は仏にならないといったという阿弥陀の本願を頼りとし、その阿弥陀様に帰依する心を持って「南無阿弥陀仏」と一心に念仏を唱えれば必ず救われるということを庶民に広めたのです。

この分かりやすい教えのため、浄土系仏教は大きく発展していくことになります。

法然は美作国(岡山県)の生まれで、13歳の時比叡山に登り、源光の許でオーソドックスな修行を積み、18歳の頃には多くの経典を読破して優秀な学僧として将来を嘱望されます。

しかしそのころから法然はほんとうにこのような教えで人々を救済することができるのであろうか?と疑問を持ち、やがて源光の許を辞して黒谷の叡空の所に移ります。ここには当時多くの無冠の聖たちが集まり、厳しい求道の思索にあけくれます。法然は黒谷で20年以上過ごすことになりますが、この間今までにも増して色々な仏典を読み、また一般大衆の集まる祈祷所などに赴いて人々と触れ合い、段々彼の思想は形としてまとまっていきました。

彼は特に中国の善導の思想を重視しました。それは、極楽浄土への往生を一心に願い、常に念仏をしていれば、必ず阿弥陀仏がその者を救ってくれるという思想でした。

1175年、法然43歳。時は満ちました。法然はこの思想を元に一派を立て、教化を始めます。その拠点にしたのは京都東山の吉水に立てた小さな庵でした。彼の教えはそのわかりやすさから多くの人々の帰依を受けることになりますが、それは既成の仏教教団にとっては非常に危険な思想でもありました。そのため彼は弟子たちともども激しい弾圧を受けることになり、とうとう1207年に「建永の法難」が起きます。

二人の弟子が死罪になり、法然及び数人の弟子が各地に流罪になりました。しかしこれは結果的には浄土系仏教を全国に広めることになります。

法然は死の直前になってやっと許されて京都に戻り、数人の弟子に看取られて大往生をとげます。そして彼の弟子の証空がその遺志をついで更に念仏を広め浄土宗西山派の基礎を作ります。この証空の教えは京都の公家たちにも広く支持を得ました。

また法然と同時に流罪になっていた親鸞は京都に戻らず関東に赴いて浄土真宗の基礎を作ります。なお法然の入滅の地に源智が廟を建てて供養したのが現在の知恩院の始まりです。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから