↑

親鸞聖人(1173-1262)

弘長2年(1262年)11月28日、浄土真宗の開祖、親鸞聖人が亡くなりました。

親鸞聖人(1173生)は後に日野富子が出たことで有名な藤原一族・日野氏の生まれです。

もっとも藤原一族といっても、親鸞の家はそんなに地位も財産もあるわけではありませんでした。下級貴族として朝廷に仕えていたようですが、4歳で父を亡くし、9歳で出家。比叡山に入り、僧になる道を歩み始めました。

非常に優秀な人で色々な経典を学びますが、やがて抗争に明け暮れる比叡山の姿に失望。山を降りて29歳の時、京都六角堂に篭り百日の参篭をします。そして、この95日目に彼は夢を見ます。彼の夢記にはこう書かれています。

  六角堂の救世大菩薩、顔容端政の僧形を示現して、白柄の御袈裟を服著せしめて、広大の白蓮に端座して、善信(親鸞の当時の名前)に告命して言はく。行者宿報にて設ひ女犯すとも我れ玉女の身となりて犯せられむ。一生の間、能く荘厳して、臨終に引導して極楽に生ぜしめむ。

この夢が後の親鸞の性に関する思想のベースになったとされます。

彼はこの年、専修念仏をしていた法然の弟子となり、「もし師の言うことが間違っていて、それを信じたために地獄に落ちることになっても悔いはない」と言うまで心服します。そしてやがて法然が流罪になると、彼も僧籍を剥奪されて越後に流されました。しかし、実はここから浄土真宗が始まるのです。

この流罪の地で彼は恵信尼と結婚、日本で初めて公然と結婚した僧となります。それまでも事実上結婚している僧は多かったのですが、親鸞においてはそれは間違っていないことであるという理論的な背景をもとに公然と断行したことが評価されます。そして親鸞にとって恵信尼は六角堂の夢で見た観音様の化身に等しい存在であったともいいます。

1211年に流罪は赦免になりますが、法然がまもなく亡くなったこともあり、親鸞上人は京都には戻らず、常陸の国の稲田を本拠地にして、関東方面で布教につとめる一方、教行信証・唯信鈔文意・愚禿鈔などの多くの著作を書きました。

『帰命無量寿如来、南無不可思議光』ではじまる有名な正信念仏偈はその教行信証の一節で、後世の蓮如が抜き出して使い始めたものです。また、歎異抄は親鸞の言行を弟子唯円がまとめたものです。

親鸞の論点は幾つかありますが、最も重要なことは法然がひたすら念仏を唱えることによって阿弥陀様に救済されると説いたのに対して、親鸞は阿弥陀仏に絶対帰依する信心の心によって救われるとしたことでしょう。

その場合、念仏は阿弥陀様への信仰の告白であると同時に感謝の言葉なのです。又彼は阿弥陀様が真っ先に救うのは徳を積んだ修行者よりもむしろ迷いの多い者であるとした悪人正機説も唱えています。

  善人なをもて往生をとぐ。いはんや悪人をや。

 (善人でさえも阿弥陀浄土に往生できる。悪人は最も救済が必要なものである故に、阿弥陀如来様の本願からすれば、まっさきに阿弥陀浄土に往生できる存在である)

親鸞の弟子たちも全国各地で活動を行いますが、やがて室町時代に上述蓮如が出て本願寺を真宗の中心にし、現在まで至る真宗教団の基礎的な組織作りを行います。やがてこの強大な教団はその力を恐れた信長や家康らに弾圧され、東西本願寺の分割などの宗派分断策にあうことになります。現在真宗は本願寺派・大谷派・高田派・仏光寺派・木辺派・興正派・出雲路派・山元派・誠照寺派・三門徒派の10派に分かれています。むろんその中でも多くの信者を抱えているのは、東本願寺を本山とする大谷派と西本願寺を本山とする本願寺派です。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから