↑

橘諸兄(684-757)

天平勝宝9年(757)1月6日、左大臣・橘諸兄(たちばなのもろえ)が亡くなりました。74歳でした(つまり天武天皇13年-684-の生れ)。

一般に源平藤橘といいますが、その中でも橘家は後世有力な人が出ずに地盤沈下していったようですが、初期の最も有名な人がこの人でしょう。

橘というのは初め藤原不比等の妻の県犬養三千代に与えられた姓です。

県犬養三千代は、敏達天皇の曾孫の美努王と結婚して葛城王・佐為王らを設けますが、後に離婚して藤原不比等と結婚し安宿媛(あすかべひめ)を産みました。この安宿媛が聖武天皇の皇后(光明皇后)となったあたりから藤原氏の黄金時代が始まるわけです。

三千代は軽皇子(後の文武天皇)の乳母を務めていましたが、その軽皇子の母である阿部皇女に気に入られ、皇女が元明天皇として即位した時に橘の姓を賜りました。三千代は天平5年(733)に亡くなりますが、その死後子供の葛城王・佐為王が特に願い出て橘の姓を継ぐことになり、二人は天平8年に臣籍降下して、橘諸兄・橘佐為となりました。

橘諸兄は天平10年(738)から同15年まで右大臣、その後亡くなるまで左大臣を務めました。妻は多比能といいますが、その出自については文献が混乱しており、三千代の子とするものと、不比等の子とするものがあります。

二人の間に産まれたのが橘奈良麻呂で、後にクーデター未遂事件を起こして処刑されています。奈良麻呂の孫に有名な橘逸勢と檀林皇后がいます。


(2002-01-06)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから