return

早川徳次生れる(1893)

1893年11月3日、シャープの創業者の早川徳次が東京で生まれました。

9歳でカンザシ職人の見習いになり、金属加工に関するわざを身につけます。

何かと工夫が好きで、いろいろな発明をしていましたが、19歳の時にベルトに穴を開けずに留められるバックルを考案。これを「徳尾錠」と名付けて特許を取りました。このバックルは大量に売れて、徳次はその売上を元に自分の工場を設立します。最初の従業員は徳次を含めて3人でした。

3年後の1915年、徳次は当時あった「繰出鉛筆」というセルロイド製の筆記具に改良を加え金属製で使いやすい筆記具を完成。これをスクリューペンシルと名付けて売り出しました。

この筆記具はまだ筆の文化である国内では当初反応がにぶかったのですが、ペンの文化の欧米でたいへん注目され、結果的にはそれに引きずられる形で国内でも販路が開けていきました。徳次はこの年「早川兄弟商会金属文具製作所」を設立。この筆記具の生産に力を入れるとともに、名称もエバー・レディ・シャープ・ペンシル(常に先がとがっている鉛筆)と改名、更に後には単純にシャープ・ペンシルという名前にしました。これが後に社名の元となりました。

シャープペンシルの事業は非常に好調でしたが、運命の1920年9月1日。東京は関東大震災に襲われます。

この震災で徳次は奥さんと2人の子供を失い、自らも怪我をしました。工場もだめになってしまいました。傷心の徳次は生まれ故郷を離れ、大阪に移って、ラジオの製造の研究に手を染め、1925年4月、国産初の鉱石ラジオの製造に成功します。この年6月大阪NHKがラジオ放送を開始。早川のラジオは飛ぶように売れました。このラジオにはまもなく「シャープ」という銘が入れられるようになります。そのため、ラジオ放送の普及とともに、全国にラジオの製造メーカーとしてのシャープの名前が知れ渡ります。

シャープはその後戦後になりテレビ放送が始まるとそれに合わせてテレビを発売。1956年には「シャープ電機株式会社」を設立。更にはその他の電化製品にも手を広げ、総合電機メーカーとして成長していきます。

1960年にはコンピュータ業界にも進出。1964年には世界初の電卓を発売、更には1973年には世界初の液晶表示小型電卓を発売しました。今日のシャープのイメージに大きく関わる技術開発でした。

徳治は1970年に会長に退きますが、この年、会社本体も「シャープ株式会社」に改名しました。そして1980年6月24日逝去しました。

その7年後の1987年、シャープは本格的な電子手帳を発売。とうとうシャープは会社の原点となった筆記具の世界に戻ってきました。今日電子手帳の定番ともなっているザウルスなどについて、徳次は恐らく天国から嬉しそうに眺めていることでしょう。


return

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから
Dropped down from 今日は何の日.