↑

松下幸之助(1894-1989)

1894年(明治27年)11月27日、和歌山県海草郡和佐村で、松下電器(ブランド名「ナショナル」「パナソニック」)の創業者となる、松下幸之助が生まれました。

8人兄弟の末っ子でした。松下という苗字は、家が樹齢数百年の大きな松の下にあったことから付けられたものだそうです。

小地主の家で本来家は豊かでしたが、やがて父が相場で失敗。幸之助は9歳で大阪の火鉢店に奉公に出ます。そして、その後、自転車店、セメント工場等に勤めた後、電気にあこがれて大阪電灯に入社。ここに6年半あまり勤めました。

そして22歳の時、独立。妻と義弟との3人で、自宅の土間で作った電球ソケットの販売を始めます。最初は商品が売れずに苦労したようですが、やがてやがて扇風機の碍盤を受注してなんとか回るようになり、翌年松下電気器具製作所を設立するに至りました。

この後、アタッチメントプラグ、二股ソケット、ランプ、アイロンと次々に商品を製作。1930年にはラジオに手を染めます。当時のラジオは非常に故障が多くラジオ専門店のみが取り扱う商品でしたが、研究部の中尾哲二郎(後の松下電器副社長)がさんざん苦心の末、一般の電器店でも安心して販売できる、非常に故障の少ないラジオの開発に成功。これが東京中央放送局(現NHK)のラジオセットコンクールで1等に選ばれ、松下の名前は一躍有名になりました。

その後1933年には日本で初めて事業部制を実施。1935年松下電器産業株式会社に改組し、その後、松下電器貿易、ナショナル電球、松下造船、松下飛行機などといった関連会社を次々と設立。戦後は一時GHQによる軍需工業解体の余波で苦況に陥りますが、ひとつずつ生産再開の許可を勝ち取っていきました。松下が完全に復調するのは昭和30年代に入ってからです。

国内での基盤を少しずつ固めていく一方、松下は海外にも目を向けていきます。1952年には世界屈指の電器会社オランダのフィリップスと提携。1959年にはアメリカ松下電器を設立。松下はやがて世界のパナソニックになっていきます。

松下幸之助氏は経営者としても一流ですが、経営に関する思想家としても一流でした。事業部制を採用してそれぞれの部門が責任を持って事業を推進できるようにしたのもその一つですし、従業員との対話・企業の一体感の維持、などにも天才的な才能を発揮しました。

松下幸之助氏はソニーの井深大氏、ホンダの本田宗一郎氏、と並ぶ昭和の三大高志・創業者ということができると思います。

1980年には21世紀の日本を担う指導者の育成を目ざして松下政経塾を開塾。ここに熱意あふれる若者が集まり、多くの有望な政治家が出てくることになります。

1989年4月27日逝去。


(2004.01.29)PHP研究所さんのご指摘により細かい点を色々と訂正しました。
ご指摘ありがとうございました。

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから